スポンサードリンク

Xperia X10のリアカバーにカーボン調シート(ダイノックシート)を貼ってみる

もう購入して2年が立ちそうなxperia x10ですが、Android 2.3を導入してまだまだ現役なやつです。
(とはいえ、SDカード読まない時があったりとかそろそろ危ないご様子)

愛着ある端末でもあるので、ケースを何度か購入したりしてましたが、手に入りにくなったこともあり最近はケース無しで使ってます。

が、愛着ある端末(しつこい)なので、素のままだとそっけなく。前にノートパソコンに使った3Mのダイノックシートが余っていたので、貼ってみました。

作り方もこのようなシートを扱った人なら簡単。こんな感じです。

2011-05-30
09.45.36.jpg

ドコモ仕様のリアカバーは製品番号のシールを貼る窪みがあるのでそこをプラスチックパテで埋めてカバー表面の凹凸をなくしてシートを貼ります。

カーブがかかったところはドライヤーなどでシートを柔らかくして整えればよいです。

切り取りは頑張るしかないのですが、切れるデザインナイフが使いやすいです。大型カッターだと小回り聞かないので使わないほうが良いです。

写真を見るかぎりだとカメラの穴部分の加工に失敗しています。穴が開いているところは、シートを熱で伸ばしながら穴部分に押し込んで、余分を作ったほうが切りやすそうでした。
案外出来が良かったので細かいところはあまり気にしないことにして。 :)

スポンサードリンク

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク