Articles in the Pebble Steel tag

  1. #Pebble Steel セットアップ風景と利用レビュー

    前回 、開封したPebble Steelの様子を書きましたがですが、その続きとしてセットアップした記録と、どうやって利用しているかなどを書いていこうと思います。

    セットアップ

    では早速セットアップします。右側の真ん中ボタンを数秒押していると起動します。

    DSC_0343.jpg

    アプリをDLして、スマホと接続します。

    Pebble - Google Play の Android アプリ

    Bluetoothで接続します。Xperia Aで行いました。

    アプリ側でBluetoothデバイスの検出を行い、Pebbleを探してくれます。自動的に行くかとおもいきや手動でした。
    (このSSを取った後に現れてまして、SS取るタイミングが早かった(汗)

    Screenshot_2014-05-12-21-44-38.png

    接続すると、自動的にPebble側のファームウェアのアップデートをします。スマホで完結できるのは嬉しいところ。

    Screenshot_2014-05-12-21-46-46.png

    CIMG0457.JPG

    CIMG0458.JPG

    CIMG0459.JPG

    CIMG0460.JPG

    出来ました。後はPebbleアプリ側で、通知の設定や好き勝手色々入れることができます。

    Screenshot_2014-05-12-21-49-46.png

    Screenshot_2014-05-12-21-51-31.png

    最後のアプリの画面で、LOCKER(ロッカー)と書かれていますが、Pebbleアプリでwatchfaces(Watchfacesと言うのは、時計の盤のことです。好きなデザインや機能が付加されたWatchfacesを扱うことができます)やapps(アプリとして動く。メニューの一覧にアプリの一覧として乗ることになります)を送る前にこちらにストアされるようになってます。また個々にストアして、Pebble側に送る、戻すなども行えます。

    Pebble Steelには幾つかデフォルトでWatchfacesが入っています。シンプルなカレンダーと24Hのデジタル表現, シンプルなアナログ盤 …

  2. #Pebble Steel 開封レビュー

    pebbleの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク

    Pebbleとは、小石という意味らしいです。

    このエントリーでは、スマートウォッチと呼ばれている腕時計のことを扱います。

    スマートウォッチはソニーのものを見てから、またほしいなと思ってました。

    コンピューターと連動する腕時計を使うのは憧れを持ってまして、実は中学生の頃にSSIというメーカーから発売されていたRaputerという製品を買ってみたり。(当時高かったのでお小遣い的なものをすべてつぎ込んでました。紛失してずいぶんがっかりしていたのを覚えてます。)

    ASCII.jp:SII、腕に付けるパソコン『Ruputer(ラピュータ)』を発表

    スマホを使うようになってからは時計をしていない生活でした。気がつくとスマホで時計を何度も確認するのが当たり前ですし。

    でも、毎回ポケットから出して確認する行為が、意外と億劫に感じつつありまして。

    pebble watchを見た時から欲しかったのですが、今年度から時計を買おうと思った時にpebble steelが販売されてまして、日本での購入例も多数見られていたので買うことにしてみました。

    今日はノリでpebble steelを買いましたが、6\~8週間後らしいので実感はまだなさ気です。届いたら色々遊びたい。

    — hiroshi sano (@hrs_sano645)

    2014, 3月 27

    言っていることが違う(汗)

    購入した時は、ストックがなくバックオーダーで、5月から6月の頭に届けれますでしたが …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.sakura.ne.jp)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

Tags

スポンサードリンク