Articles in the 勉強会 tag

  1. Shizuoka.py #6に参加しました

    Shizuoka.py #6 and shizudev - connpass

    2月の半ばに開催されました Shizuoka.py #6に参加しました。今回は縁あってきゅうり農家の(@ike_jpnさんの方に声をおかけしまして参加していただくこととなりました。

    また他県(なんと横浜!)からいらした方や、学生さんもいまして、今回のShizuoka.pyも大変盛り上がりました。皆様ありがとうございました。これも@yajuさん、@fmkz___さんのおかげです。@yajuさんはqiitaの投稿でshizuoka.pyの宣伝をしていただきました。

    なぜ機械学習にPythonが選ばれるのか - Qiita

    自分は最後に汚し的なLTでした(5分のつもりが色々あって15分ぐらいorz。ぶっつけですみません)スライドはこちらです。

    Shizuoka.py #6 lt 確定申告をpythonで乗り切る from hiroshi sano

    requests-oauthlibについてはこちらです。実際に数時間ですぐに使えるようになったのでおすすめですね。

    Requests-OAuthlib: OAuth for Humans — Requests-OAuthlib 0 ...

  2. shizuoka.py #5に参加してきました

    静岡のpythonコミュニティが集う shizuoka.py#5。5回目が行われました。1年半振りです。

    Shizuoka.py #5 - connpass

    自分はこちらを発表しました。

    python-pelicanの入門的な内容です。pelicanは以前も紹介したStatic Site Generatoerです。実は去年実際に使ってみてどんな感じかを紹介するネタでした。元ネタはPyCon JP 2014のトークです。

    大体似たようなことを発表してましたが、普段使うテーマやプラグインにもチョットだけ言及しました。

    デモしながらやっていましたが、Macbook Airのプロセスが何か暴走していたようで途中熱くて触れなくて苦労してましたがなんとかなったかな?

    あと、差し替え版ではないpelicanプロジェクトでmake htmlをするときに失敗していましたが原因が分かりました。途中の操作を間違えたのか、contentフォルダの中にcontentフォルダがまた作られてしまい、htmlの生成がうまく出来なかったようです。

    他の方が濃さそうなネタだったのもあってゆるいネタになってたかなと思います。pelican使ってみたい方は公式ドキュメントを見る前に見ていただけれうと参考にはなるかなと思います。

    聴講して気になったもの

    • ansibleやっぱり便利そうで身につけたいのですが、実際に操作されているのを見ると出来そうな気がしてきます。また取り組んでみます。。
    • pytestをインフラテストに使うための testinfra が便利そうでした。機会があれば使ってみたいです。
    • 可視化ツールはデータを扱う方には必須ツールですね。研究室の学生にも勧めておこう。

    他にもあるのですがオフレコ話も被りそうなのでこの辺で ...

  3. 研究室内Pythonチュートリアルをした時の話

    去年から、ishiilab.netの学生さん向けにPythonの基礎的な扱いを学べる勉強会を開いてます。
    今年の新規ゼミ参入の皆さん向けにも行いました。参加退出完全自由で3時間ほど課題に取り組んでもらうスタイル。

    ゼミ生皆さんまじめに取り組まれて、資料に穴がないかヒヤヒヤしてまして撃沈していましたが。それなりに上手く行ったかなと思ってます。

    今回もipython notebookを利用しましたが、それら含めてチュートリアルに利用した環境やipynbファイルはgithubにあげています。確か前年度の資料をギッハブに入れますとか行ってましたが、加筆したものとしてこれでお許し下さい。

    hrsano645/ishiilab_python_tutorial

    間違い等見つかる限り直していきますが、githubなのでissueとか上げていただけると嬉しいです。

    base64の課題は当日の朝に移動中に作ってましたが、ネタとしてはちょっと難しかった気がしてます。文字列と文字コードがわかっていることが前提にしてしまって、途中説明に苦慮してました。開催後に文字コード絡みの解説を追記しています。
    CSVの課題もそうですが、テキストファイル類を扱おうとすると文字コードの説明が必要になってしまって、それだけで30分ぐらい必要になるので、テキストを扱わないような問題も用意すべきかなと思いました。

    またこれを書いてる段階では、WEBスクレイピングの答えがまだありません。(スプラトゥーンやるのに忙しくてサボってましたが)近いうちにgithubにあげておきます。

    良かった点

    • pyzo便利。windowsでPythonやりたい人はこれから始めたほうが楽だと思う。
    • ipython notebookでの問題配布。

    悪かった点

    • ネットワークがよくないとデータの配布に時間が掛かるから、LAN上で配布出来る仕組みを用意しておくべきだった
    • 持参PCのセットアップを手伝う時間を設けたほうが良かった
    • 当日に問題を作って検証もせずに出さない(base64がそれ)
    • 難しい情報はあまり説明しようとしない。(事情があります的なことにしておく。個別に必要なら個別に解説するか、後日解説したものを共有する)
    • 難易度設定をすべきだったかも
    • 基礎編を扱った内容で解ける課題を用意すべき
    • 時間の区切りを予め準備しておく。休憩挟まないと疲れる
    • ネタを入れて話をする時はさらっということ ...
  4. PyConJP 2014で見たかったセッション

    書き忘れたので新しい記事に分けた(汗)

    備忘録なので箇条書きです。

    Pelicanのライブ映像は実は見たのですが、Wordpressから自前でこういうものを作るつもりでしたが、Pelicanいいですね。事務所のサイトもこれでリニューアルしたいな。

  5. #pyconjp 2014へ参加してきました!

    #pyconjp 2014見に行ってきた!

    PyCon JP 2014 ということで、今年は国内のイベントとして(前回はAPACとしてアジア域の規模)やるとの頃でしたが、参加人数は前回より多い?ようなぐらいの規模となってました。1日目のパーティに参加された方が半端ない人数でした。1日目の白熱っぷりは本当にすごかった。

    何を見たか?

    一日目はキーノート以外のセッションを時間いっぱいまで見ました。二日目はキーノートとジョブフェアを見ました。

    一日目に見たもの

    キーノート見れなかった

    一部で物議をかもしたキーノートらしいです。そしてまだ見てません。。。

    Python3について個人的には日本語圏にはものすごく良い環境なので、条件がそろう、やる気があるのであればとっとと採用したほうが良いと考えてます。

    自分はこれからのプロジェクトにはPython3(3.4)メインにしていきます。 (と言ったもの使われる大きなライブラリが対応してないと手を出しづらいのもありますね。。。)

    セッション

    見たセッションについて感想や思ったことを残しておきます。

    裏のほうも面白そうでしたが、こちらも刺激たくさんなセッションでした。

    CH03 Djangoアプリケーション、パフォーマンスチューニング (ja)

    **[Pycon2014 django performance](//www.slideshare.net/hirokiky/pycon2014-django-performance-39037314 "Pycon2014 django performance")** from **[hirokiky](//www ...
  6. 東海大学CTF大会に参加してきました

    数年前から週一ぐらいで、OBでもある東海大学高輪校舎の石井研究室へお手伝いさせて頂いております。

    今年のゼミ生さんには意識の高い方がいまして、サーバー運用が趣味なぐらいでして、セキュリティ・キャンプSECCONに参加されたり。素晴らしい方です。

    (即戦力で行けそうですよねえ。羨ましい限りです(笑))

    で、彼が経験したものを広めたいとのことで、CTFの問題をハンズオンできる勉強会が開催されまして、その二週間後に、彼が主催となり、今回は東海大学の学生会協力の元、CTF大会を開催されることになりました。

    自分はその後に行われた懇親会でネタ的なスライドを流してほしいとのことで、それ込みで大会にも参加させていただきました。

    CTFとは

    「キャプチャー・ザ・フラッグ」と言って、FPSマニアなら知らない人はいない・・・ って今回はゲームではありますが、セキュリティに関する問題を説いて、正答率や速度を競うゲームです。

    この分野での解答となる文字列は良く「フラッグ」と呼ばれてまして、問題を解きながらそのフラッグとなる文字列を探します。

    キャプチャー・ザ・フラッグ - Wikipedia

    基本的には、出されたお題からフラッグを探す、見つけたフラッグの文字列を答案ページで提出、合っていればポイントが加算され、そのポイントの獲得数で競います。

    今回は解答の提出が早かったチームにはボーナスポイントが与えられますので、速度も大事になりました。

    大会当日

    今回は大学での開催で ...

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.sakura.ne.jp)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

Tags

スポンサードリンク