Articles in the OpenPNE tag

  1. [openpne]opAuthPOP3PluginにGoogle Apps向けのオプションをつける

    OpenPNE 3系では、認証系もプラグイン提供となっているようです。2系は実はよく知りませんが。

    個別にアカウント登録以外にも、SNSのアカウントやLDAPも利用できるらしいです(ただし多くは実験的な提供のようです。間違えていたらすみません)

    タイトルにあるopAuthPOP3Pluginもそのひとつで、これはPOP3認証を使ってアカウント作成とログインが行えるというプラグイン。
    Google AppsやMSExchangeでメール機能を提供(POP3の利用が可能)されている場合に、POP3サーバとドメインを指定しておくとメールのアカウント名(ユーザー名)とパスワードでOpenPNEにログイン出来るといったものです。

    Google Appsで利用するために考えていた所、OpenPNE開発者の手島さんに教えてもらい利用してみてました。

    アカウントが増殖する問題

    認証系は特に問題無く利用できたように見えましたが、ここでGoogle Apps側の仕様に泣かされるはめに。
    Google Apps(というかgoogle)アカウントの仕様では、@以前のユーザー名は大文字小文字の区別なく利用出来るようで、"hogehuga"はもちろん"Hogehuga"も"HoGeFuGa"も同一のもの見られてしまいます。

    そして、OpnePNEのアカウントの仕様では、大文字小文字の区別が有るようです。

    どうなるかというと ...

  2. openpne 3.8 インストールメモ

    試す時間ができたので試してみました。

    環境

    • (host:win7 64bit)virtualbox v4.1.16
    • guest:ubuntu 10.04->現在までの最新アップデート済み
      • taskselにてlamp,sshを導入済み

    その他に入れるものとかは以下より確認下さい。

    インストール

    今回もこちらのサイトを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

    Ubuntu10.10 自宅サーバ構築手順:SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス:OpenPNE3)の導入 - Shinya’s Daily Report

    3.8はgithubでしか配布していません(今のところ)のでそちらからclone->チェックアウトすれば良いです。

    必要なモジュールがあって、DB作って、openpneは適時配置してインストール掛けれれば普通に動くと思います。

    カスタマイズ

    素のままだと認証系とメンバーとのメッセージのやり取りしか出来ないようです。

    試したいプラグイン入れます。今回の目玉はopTimelinePluginですね。bootstrapも同じく。

    インストールしたプラグイン

    • opTimelinePlugin

      • コマンドでインストール可能 : http ...

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.sakura.ne.jp)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

Tags

スポンサードリンク