Articles in the Event category

  1. 富士市男女共同参画都市宣言10周年記念事業 取り組みの軌跡:後編

    前編のつづきです。後編はエモい話です。ちなみに「エモい」はエモーショナルなエモです。

    SNSではもはや日常用語の「エモい」 一方高すぎる汎用性に10代は混乱も | ORICON NEWS

    発表までの流れ

    当日発表の資料作りに対して、まずは内容をどうするか話し合うために、自分が担当したグラフやその他みたい資料をそれぞれ分担して用意した後に、メンバーで資料を見合って特長的な部分をブレストとKJ法に近い方法で抽出しました。

    IMG_20191021_140822.jpg

    この辺は分科会メンバーとお知り合いだった、静岡大学の跡部先生や、オブザーバーとして参加していただいた他の分科会の方よりアドバイス頂いてブレストをした結果です(ご協力ありがとうございました!)ファシリテート役の多文化・男女共同参画課(以下、参画課)の分科会担当の方に良い形でまとめてもらえました。

    そこから事例や改善方法を探りつつ、挙げられそうな内容をいくつか絞ってスライドを作成しています。初稿のスライドはリーダーさんが作りましたが、初稿からほとんど完成に近いものだったので、自分含めてほとんど言うこともなかったです。(この辺からしても集まったメンバーの凄さを感じる)

    スライドの細かい修正については、大体はこちらを参考にしつつ、レイアウトやフォント周りをマスターで統一し直してます。やはりマスターで統一した方が圧倒的に進めやすいため。

    見やすいプレゼン資料の作り方 - リニューアル増量版

    文章だけなのも味がないので、画像もなるべく使いました。やはり、いらすとや先生は学術系も行政も御用達なのもあって使いやすいですw

    かわいいフリー素材集 いらすとや

    細かい修正をメンバーと話し合いつつ、冗長な部分は表現を変えつつ、補填出来そうな資料も用意してみました。たまたまみつけたこのログミーの記事はいい感じで取り入れてもらえてよかったです。(でも直前だったのでホントすみません)

    さくら田中氏 …

  2. 富士市男女共同参画都市宣言10周年記念事業 取り組みの軌跡:前編

    今年の春頃から、富士市の記念事業の実行委員会に参加してました。14日に記念事業が開催されてひと段落したので思い出しながらやってきたことや感じたことを残そうかと。

    元々男女平等参画の委員会に市民公募として参加したところ、誘っていただいたのが始まりです。

    富士市男女共同参画都市宣言事業 | 静岡県富士市

    自分はC分科会にサブリーダーの役で参加してました。この分科会のメンバーは多様でスキルも高く、どの方もモチベが高くて圧倒されつつでした。その中で初めから発表まで自分が何を担当してどのようなことをしてきたかをまとめてみます。

    。。だけのつもりだったけど、書いていたらだいぶエモくなってしまいまして。。年末だから振り返りたかったし、そういう文章もよいかなと。

    なお、記念事業で利用した各分科会の資料は公開されるようなので、後ほどリンクしておきます。

    :リンク予定位置:

    アンケートを取ることになる

    C分科会は働く方向けに男女共同参画をどう感じるかというアンケートをとり、見えてきたものをまとめました。流れとしては

    • アンケートを取って分析
    • 分析から見えてくることを上げてみる(ブレストとKJ法に近いやり方)
    • そこから事例などを上げて、良い部分はさらに良く、悪い部分は改善策の提案をする

    まずアンケートは、紙ベースでやると時間的にとても足りないことが雰囲気でも分かったのでWEBベースのアンケートにしています。こういう時はGoogleフォームが助かります。

    Google フォーム - アンケートを作成、分析できる無料サービス

    これを使って、協力していただける事業者へ依頼の連絡、チラシを貼ってもらうなどで広告してもらいました。今回は匿名を条件にしたので、属性情報以外の個人情報はとらないことにしました。Googleフォームはメールアドレスを記入しないで無記名回答が機能として備わってるのでその点は非常に楽でした。

    アンケートの中身は分科会で考えた聞きたいことをなるべく多くならない程度にまとめてます。結果的に200を超える回答をいただけて、考える上での大事なベースになりました。

    (100人ぐらいが山かなと思ってたのもあって、リアルタイムで見ていてビビってた)

    スクリーンショット 2019-12-15 19.52.14.png

    アンケート実施の反省点

    ただ反省点もたくさんあって、いくつか挙げると …

  3. 8月のPyHackに参加してきました #pyhack

    pyhack初参加してきました!

    8月のお盆前に 参加してみた買った #pyhack に行ってきました。 正式名称は「Python mini Hack-a-thon」です。

    Python mini Hack-a-thon - connpass

    (第102回)Python mini Hack-a-thon - connpass

    静岡からほぼこのためだけに都内に来て参加してきましたが、初参加の方も何人かいたり、業界的な話が意外とできたり、懇親会は静岡のPyhtonコミュニティやPyCon関連で話も盛り上がって参加してよかったなと。

    会の様子はtogetterにてまとめられています。

    Python mini Hack-a-thon #102 - Togetter


    お昼は沖縄料理でソーキそばを頂き。

    懇親会のビール美味しかった。結局3杯ぐらい飲んでて酔っ払ってました。

  4. Python駿河 #4 でひたすら教え合う回を開きました

    8月頃に開催されたPython駿河に行ってきました。今回は テーマに困った結果 Python Bootcamp 藤枝でPython初めて触った方向けに困りごとをよってたかって教えようの会でした。

    Python駿河 勉強会 #4 〜Python初心者に寄ってたかって教えよう!〜 - connpass

    とりあえず始めます宣言から、質問をいくつかありました。教えたい勢が結構いたようで質問された方の周りにみんなで集まってあーでもないこーでもないと話し合う姿はまさに寄ってたかるそのものの会でしたw

    色々あったのですが、自分が見に行って覚えている範囲でこんな話がありました。

    Windowsのvenvで動かしてるスクリプトがimport周りで失敗する

    環境変数のPATHがうまく通らなくて苦労していたらしいと話をしていて、頑張ってsys.pathを書いていたのですが面倒そうでした。 寄ってたかってスクリプトを見ていたところ、シェバンの表記があったので、調べてみると、Winでシェバンを書いたときにvenvが呼び出されないっぽい話があったので、消してみたら見事にvenv上で動きました。

    どんなシェバンだったか(このブログを書いてるのが12月なのもあって)忘れてしまったのですが、Winに限らずこの表記をよくおすすめされているので、こちらが良いかも知れないです。

    #! /usr/bin/env python3

    BeautifulSoup4のfind_allで取り出したものから中身のタグをフィルターできない

    BeautifulSoup4のfind_allで取り出した結果で、更に中身のhtmlの構造へアクセスできないとのことでした。find_allのドキュメントを見ると

    Beautiful Soup Documentation — Beautiful Soup 4.4.0 documentation

    find_allで返ってくるオブジェクトはTagオブジェクト(だった?)で …

  5. RPALT 静岡 vol1に参加してきました

    IoTLTに何度か参加しているときにおしえてもらったRPAのLT大会であるRPALTという勉強会がありますが、なんと静岡でも開催されるとのことで、早速行ってみました。

    【増席】RPA勉強&LT会!RPALT 静岡 vol.01 - connpass

    当日の様子はこちら。

    静岡のRPA勢も熱い!祝!静岡 初開催 RPA勉強&LT会!RPALT 静岡 vol.01 - Togetter

    まず目についたのがウェルカムボード。

    うまい棒で作られてます。RPALTでは伝統らしいです。

    IMG_20190724_190123_289.jpg

    RPALT主催のMitz(@CharaDenMitz)さん。ボケーっと聞いてたら、IoTLTがらみで突っ込まれて焦りましたよ😅

    IMG_20190724_193833_958.jpg

    RPALT 静岡の主催の鈴木さん。磐田市の竜洋の方面かららしいです。はるばる遠くからすごい!

    IMG_kclfkg.jpg

    前半はスポンサーLTでしたが、製品の紹介が多いかと思ったら割とコミュニティの話をしたり、ぶっちゃけRPAどうなのという話がきけて面白かったです …

  6. Maker Faire Kyotoと趣味TECH祭(京都)へ行ってきました!

    京都ぶらぶら旅の次の日はMaker Faire Kyotoと最終日に趣味TECH祭(京都)を見に行ってきました。

    まずどうしても描きたかったので書きますが、ホテルの朝ごはん美味しかったので載せておきます。特に白味噌の味噌汁が美味しくておかわりしてました。

    FJIMG_20190504_083513.jpg

    ちなみにホテルは京都駅南側のこちら

    MFKの道中はひたすら南に降りて、実は奈良に限りなく近い場所に行くそうです。京都と聞いていたので正直心配でしたが、目的地同じ方も多かったので一安心w

    IMG_20190504_104217_560.jpg

    FJIMG_20190504_104738.jpg

    会場周辺は科学技術系に力を入れている地域っぽいです。京都と奈良の中間?なのでアキバや深センみたいな発展があるといいのですが。

    IMAG2052.jpg

    Maker Faire Kyoto 2019

    IMG_20190504_110514_965.jpg

    IMAG2054.jpg

    京都でははじめての開催だったそうです。ちょっと早めに会場に着いてしまって、並ばずに時間を潰して開始10分程度前に戻ったらとんでもない行列ができていてびっくり。

    IMG_20190504_111302.jpg

    IMG_20190504_114545_007.jpg

    あまりに突然だったのかスタッフさんもタジタジだったのが印象的でした。(途中で撮影しようとして転んでしまってたスタッフさん大丈夫だったかな?)

    チケットありでこの行列。来年も行くならこれは良い学びに。。

    FJIMG_20190504_120754.jpg

    パンフにあるハッシュタグの案内は良いのですが、 #MFK2019 とかの方がいいと思う。ローカライズの問題かな?

    IMG_20190504_115220_163.jpg

    ようやく入れたものの、前半は行列もあってかなりの人だかりでしたので、トークを聴く時間にしてMakerのトークの会を聞きつつ。

    FJIMG_20190504_123221.jpg

    (入り口でこの大盛況っぷりです。お子さんがとにかく楽しそうでちょっと羨ましいw)

    IMAG2056.jpg

    見てきて面白かったトークはこちら

    obniz木戸さん(@9wick)さん のトーク。IoTメガネを作ってました。会場でも操作できてワイワイしてましたね。

    IoTLTでも参加されているのをよく見ます。また自分も登壇したときに貸して欲しいぐらいですw

    FJIMG_20190504_133114.jpg

    Screenshot_20190504-133712.png

    クラウドファンディングでロボットアームを作ってみた話。AUTOLAB株式会社の …

  7. #builderscon 参加してきました

    去年参加できなかったので今年はと思って食い気味に行くつもりでいたのですが、行くことができました。

    builderscon tokyo 2019

    二日目(カンファレンスの初日)から参加しました。聞いてみた話は色々と思いきやマイクロアーキテクチャ関係の運用話多かったようです。興味ある分野に自然と惹かれていったようです。

    聞いてきたセッションの感想

    どのセッションも素晴らしかったのもあって感想を残しておこうかと。ブログを書くまでがBuildersconと言われてましたし。

    この投稿をInstagramで見る

    始まった! #builderscon

    hrsano645さん(@hrs_sano645)がシェアした投稿 -

    1日目

    メルペイの裏側

    Open SKT: メルペイ開発の裏側 - builderscon tokyo 2019

    • メルカリとは責任の重さが違うことを感じる様な話だった
    • 相手がお金ということで、単一の機能を逆に責任を持たせない
      • (質問で、仕組み上問題ないのでは?の話も、作った側が不安になるから用意すると言われていて、その担保も必要なんだなと)

    コンパイラをライブで作る

    コンパイラをつくってみよう - builderscon tokyo 2019

    • Byte Reader/tokenizer/parserの話がわかりやすくてよかったです。
      • TokenizerはParserが理解できる単位に分割してトークンという1つの塊にする
    • ライブコーディングをしながらタイポも聴講者に指摘をもらえたり、コンパイルして成功するたびに拍手が貰えると暖かいセッションでした …
  8. AWS Startup Dayにいってきました

    FJIMG_20190327_165014.jpg

    3月ごろに開催されたAWS Startup Day 2019へ参加してきました。主にスタートアップ向けのイベントらしくて、ただ自動車関連もちょっとあったので、興味本位で行きました。

    ちなみに普段AWSはS3しか使ってないのでフル活用されている方々には申し訳ない気分でしたが、イベント自体は楽しませてもらいました。

    FJIMG_20190327_124439.jpg

    FJIMG_20190327_120224.jpg

    会場の雰囲気がAWS Loft Tokyoに似てますね。

    FJIMG_20190327_120135.jpg

    FJIMG_20190327_124544.jpg

    Amazonのプライベートブランドっぽい。最近よく見るようになりました。

    FJIMG_20190327_124730.jpg

    ノベルティのシールはiPad Proに貼ってます。Startup Dayのシールかっこいい。

    FJIMG_20190327_124701.jpg

    いくつか部屋があるのですが、このこのはほんと雰囲気がとにかく良いです。

    FJIMG_20190327_155002.jpg

    全体のイベント雑感ですが、Sansanさんのセッションが結構面白くて、もちろんAWSの話が入りましたが、スタートアップとフィーチャーするだけあって苦労話も聞けてよかったです。そのあとEightユーザーになりました。便利ですよ

    自動車方面の話は、ぶっちゃけそうだよねーって話ですね。製造業にデジタルが行きないのは職人な人が多いからであって、できないわけではないのと、安全こそデジタルで担保するもんじゃないのって(苦言じゃないけどモヤっとしてましたw)

    スライドの写真もとってたのですが、載せて良いか忘れたので割愛です。


    楽しく見させてもらったイベントで、学びもありましたが、一方でやっぱり自動車業界とITの形がまだまだこういう認識だなと。どうしても良い風に見えないし見られないのはなんでかね。

    自分はクラウドな技術も、製造業にある技術も同じツールであるにもかかわらず、製造業から見たITが良い意味で見られないのは、多分ある種のトラウマがあるからかなと。

    狭い業界だからなのか、双方貶す事が事多いんですよ。そのうちどちらとも喧嘩していていい関係で相乗効果が得られてないなあと。

    たとえばCAD業界も決して褒められたようなところではなくて、ユーザーへの歩み寄り感がなかった印象ですほんと最近になってきて環境変わりつつあるぐらいです。

    その点スタートアップは広く見てもらう必要があるので、ユーザーと目線が似てると思ってます。双方が違いにやりとりしやすいのもあって相乗効果が起こしやすいのかなと …

  9. Python 駿河結成第一回目に参加/登壇してきました

    FJIMG_20190525_112628.jpg

    IoTLTの翌日に開催されたPython駿河へ参加してきました。こちらは静岡のPythonコミュニティであるUnagi-py(静岡の西部)方面の方が Python Boot Camp in 静岡県藤枝市 を開催された際に結成されたコミュニティです。自分も一応緩めのコアメンバーになってる?かな(追記:一応してもらいました!)

    Python駿河 - connpass

    Python駿河 勉強会 #1 ~Pythonで出来ることプレゼン大会~ - connpass

    Shizuoka.py勢の オーイシ(@oec014)さんさんも参加しました。

    ちょっと前乗りして、Python駿河の関係者皆さんとランチ。やっぱり駿河と言ったら海鮮ということです。

    IMG_20190525_122929_862.jpg

    自分の発表はMicroPythonを使った自分のプロジェクトの紹介です。どこかで見たことがあるようなネタ ですが、スライドにでごめんなさいしているので察してください。

    MicroPython自体はものすごくおもしろいプロジェクトですので、今後も使う方が増えるといいなと思います。そういう意味で、最近流行りのESP32をお持ちの方やMicroPython自体に興味を持っていただけたら嬉しいですね。

    ただここではあまり話をしませんでしたが、MicroPythonのコミュニティがやや不穏なな流れになっていて、使う側としては気をつけてことの流れをみる必要があるっぽいです。この点が残念ですが。

    その他の発表の方もご紹介。スライドは資料が上がっているのでそちらでどうぞ。

    Python駿河 勉強会 #1 ~Pythonで出来ることプレゼン大会~ - 資料一覧 - connpass …

  10. IoTLT Vol.51 令和発にお風呂IoTの完成形を目指して発表しました!

    タイトルにあるように、令和発のIoTLTへ参加してきました!

    IMG_20190524_194815_326.jpg

    【令和初!】IoT縛りの勉強会! IoTLT vol.51 @日本オラクル - connpass

    発表資料はこちら

    【令和初!】IoT縛りの勉強会! IoTLT vol.51 @日本オラクル - 資料一覧 - connpass

    あとTogetterと録画がYoutubeにあるようです。ミニ四駆チキンレースがちょっと面白そうでした。

    熱気がすごかった!ミニ四駆チキンレース初代チャンピオン決定!令和初のIoTLT vol51 ツイートまとめ! - Togetter

    日本オラクルさんの会場でした! エンジニア的には色々ありますが、Sunのサーバーがおいてあるところがなんともエモくてよかった。

    IMG_20190524_191025_008.jpg

    IMG_20190524_191055_410.jpg

    個人的に面白かった発表は、ポキオさんと黒田さんとSHO32さんの発表です。

    ポキオさんは安定の京急ネタでした。ん日t日家族にやや放置されながらも愛を失うことがない姿に涙しかありませんw LTの中身は非常に実用的で、京急愛を元にコミュニティへライブラリとして還元されてたり、ほんと尊敬です!

    黒田さんは家族ちゃんと連絡することを自動化するために、M5Stackに自動的に現在位置を伝えるツールを作った話でした。中身はすごいのに使われない悲しみは、レベルの違いがあれど共感です。。

    SHO32さんの発表はIoTLT2度目ではじめての登壇とのことでしたが、温度計を作るにあたってレベルが高い部品を使ったりしていて、初心者じゃないw(2年間コボラーだったらしいです!!?)と思いつつもまた改良したものを持ってきたいと懇親会でもお話しました。またの登壇を楽しみにしてます!


    自分の発表はちょうど1年前に初めて発表させていただいた …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク