Articles in the Event category

  1. 技術書典7また書籍を買ってきた話

    会場は、静岡で開催してたPyCon JP 2019の報告会後の弾丸旅行で池袋に行きました。

    技術書典7 | 技術書典

    MVIMG_20190922_155510.jpg

    MVIMG_20190922_160429.jpg

    今年はあんまりプログラミングでの進捗はなかった。来年から本気出すために祈願。

    IMG_20190922_170247.jpg

    何とかなる!😇

    IMG_20190922_190738_736.jpg

    今回は学べるものを買おうと思って、その時点で学びたかったものを買いました。

    Djangoでサービス作りたいけど、API作ることに慣れたかったのでREST Frameworkと、 Google APIの認証の扱いで悩むことがあったので、勉強のためにoAuthの解説本でした。

    IMG_20190922_224224.jpg

    プッシュ通知とかPrometheusの使い方も念のためにさらっと見てます。どれも丁寧に書かれていて学びが深かった。。

    あとプログラミング神経衰弱も買ったので、オフライン会で遊びましょう。

    IMG_20190922_232939_517.jpg

    次回は2020/2/29〜3/1とのことで、PyCon mini Shizuoakと被ってるのですが、3/1に行けたら行こうか。。また弾丸😂

    技術書典8 | 技術書典

  2. Shizuoka.hsに行ってきました

    Shizuoka.*シリーズの最後として、Haskellの勉強会に行ってきました。

    Shizuoka.hs #1 - connpass

    Haskellのような関数型言語は、Lispで挫折しモナドを理解できなくてまた挫折した人なので、実はHaskell自体もちゃんと見たことがない人です。冒頭の@karky7さんの入門で、興味持てそうに思えるようになってきました。書籍読んで入門はしておきたい。

    こちらでももちろんLTやってきました。もうネタがなさ過ぎて絞り出した結果、机に投げおいてたラズパイ3へHaskell入れてIoTやったらどうかと思いついたのでやってみた、、(結末はスライドを見てください

    懇親会は、よく@fmkz___さんが写真上げてて行ってみたかったリパブリューでした。ビールうますぎ。

    Chef & Brewer Repubrew リパブリュー~食とビールのペアリング~ - 沼津駅周辺で飲食できる居酒屋をお探しならリパブリューへ!

    次の日が浜松市ハッカソンへ参加することにしていたので、一杯飲んで浜松へ旅立ったわけでした。(ラムチョップ食べ損ねた。。😭)

  3. Shizuoka.go vol15に行ってきました

    Shizuoka.*シリーズ、Shizuoka.jsの次はShizuoka.goです。

    Shizuoka.go Vol.15 - connpass

    Go言語はgopher君が可愛いなあと思いつつ、goroutineで止まってしまってるのと、Buildersconで見てたGo言語のコンパイラを作る話が面白かったことを覚えてるぐらい。

    コンパイラをつくってみよう - builderscon tokyo 2019

    魅力があって趣味で使いたいのもあって学び直す意欲を上げるためにやってきました

    もちろんPyCon mini Shizuokaの宣伝もかねてLTしてきました。といってもだいぶお茶濁しな話でしたが。。

    Go言語の良さは書きやすいという方もいますが、自分はツールをよく使う側なので、クロスプラットフォームで動かせるのがすごい魅力です。

    PrometheusでWindowsマシンのメトリクス取得が楽だったし、ファイル同期のSyncthingもOS問わず導入できるのも魅力です。ここにGo言語の良さがあるなと感じてます。

    ということで、趣味プロジェクトで使えるぐらいになれるように学び直しつつ、また勉強会あったら行きます!

  4. Shizuoka.js#5に行ってきました

    11月はShizuoka.*シリーズともいえる勉強会が3週も開催されるとのことで、PyCon mini Shizuokaの宣伝もかねて行ってきました。いってきたといっても宣伝なのでLTで宣伝することが目標。

    Shizuoka.js#5 - connpass

    ちなみに目標はちゃんと達成しました。マジでしんどかったけど。。

    LTネタはこちらです。Pythonと絡めるために、plynthを使ってみた話をしようとして、やってる暇がなかったのでただの紹介になりました。。次の参加の時はショートトークレベルで発表できたらいいなあ。

    JS業界もだいぶ浦島だったので、話を聞いていて吸収するのが難しかったのですが、ちょっとだけまとめる。

    • JAMStackの存在を知れたのはよかった。PWAとか最近WEBの動きがわかってなかったので
    • Vueいいなーと思いつつ、まだ使うだけのプロジェクトをやってないので、そろそろ・・
    • ESLintのメンテナーの方が沼津にいらっしゃることを知って驚愕

    懇親会では、なぜか米農家の実情を話ていたり謎の展開でしたが楽しかったのでよしで!

    次はShizuoka.goへ。。

  5. 台風の中オンライン勉強会をした話:Python駿河 #6 Slackbotを作ろう

    Python駿河6回目のレポートです。

    Python駿河 勉強会 #6 〜Slack Botを作ってみよう【オンライン開催】〜 - connpass

    この回は、Slackbotを作るというはなしで、PyConJPでも発表されている鈴木たかのりさんのSlackbotの作り方をもとに、オリジナルのSlackbotを作ってみんなでハンズオンしようという会のつもりが。。

    Automate the Boring Stuff with Slackbot - PyCon JP 2019

    残念ながら、当日は台風19号がぶつかっていて、当然ながら当日の公共交通はシャットダウンしてしまい、また別の会にするかなと思ってましたが、、

    Python駿河のSlackでどうしよーと話をしていると、オンライン勉強会やってみない?って話になって、いやしかし停電したらそもそも大丈夫?と思いつつ、でも新しい取り組みだしできるだけやってみようと思ってやることになりました。

    ハンズオンの資料はこちらです。

    サンプルコード

    結果的に、都内から参加を予定されてたかたも参加できて有意義な勉強会になりました。

    SlackbotはSlackが使えないと意味がないので、ハンズオン用のチャンネルを用意して、同じAPIのキーを全員で共有してSlack上で扱ってもらうようにしました。(もちろんそのあとに利用したAPIの認証は破棄してます)

    課題いくつか

    難しかったところは全員の進捗把握です。説明を進めつつ、大丈夫ですかと言いながら全員が同じ進捗かを見ていましたが、時間が伸びてしまうのもあって(結局1時間ぐらいオーバーしてたかも)そのバランスが難しかったです。

    リアルのハンズオンでも同じことは起こるので、ハンズオンの進捗と反応を管理できるようなサービスがあるといいなあと思います。eラーニング的なサービスに近いものですかね?

    まとめ …

  6. ふじのくにアートクラフトフェア2019を見に行ってきた

    富士市の中央公園で大体11月ごろに開催されている、ふじのくにアートクラフトフェア2019を見に行ってきました。

    ふじのくにアートクラフトフェア(1日目) | 静岡県富士市

    ふじのくにアートクラフトフェア

    IMG_20191117_102958_115.jpg

    ハンドメイド系の雑貨の販売がメインです。既製品にはない面白さはもとより、地元の作家さんと触れ合えるのも特徴のようです。ハンドメイド系の雑貨は意匠が1つしかないという点が興味そそりますし。

    去年も見に行ってますが、今年はいくつか購入するつもりで行きました。ただ多分使わないだろうなと思うものも含めて買ってしまいそうなので、厳選して2つほど。

    スープマグは富士山っぽい色使いが素敵でした。スプーンは別の作家さんのところで銅製のもの。

    IMG_20191117_203702.jpg

    この組み合わせ、実はアイスを食べるためだけのものを買ったものです。年末はこれでチョコミントアイスをひたすら食べたい。。

    移動販売の露店もありました。食べ物も静岡で有名なものがいくつかありました。鯖メンチとか、富士宮焼きそばはもちろんです。よかったのはカレーなのですが、お店の情報忘れてしまった。。

  7. CoderDojo 三島/沼津 in 富士出張に飛び入りメンターした話

    Code for Japan Summit 2019の次の日に開催された、富士市ではじめて(と思われる)出張CoderDojoに参加してきました。三島沼津の方々の出張開催とのことです。

    市の記念事業でお会いした方が、おやこそだちの会という親子向けのイベントを行うグループを行っていて、たまたまこういうイベントをやるとのことで誘っていただきました。

    おやこプログラミング - おやこそだちの会

    CoderDojoとは、主に中高生向けの、自由にプログラミングの体験の場を提供するグループです。日本ではなくて世界中で行われてます。

    参加する子供はニンジャ、指導や技術提供を行う側(ニンジャ側がメンターになることも)がメンターとして、ニンジャが体験や作るものをメンターが見守ります。

    大事なのはメンターが指導するのではなくて、あくまでニンジャの自主性を大事にする会です。

    12月にはDojoCon Japan 2019という日本でのCoderDojoの関係者が一堂に集まるカンファレンスも開催されるぐらい、注目も集まっています。

    CoderDojo Japan - 子どものためのプログラミング道場

    静岡方面は、静岡、三島/沼津、浜松に拠点があります。こちらも西部中部東部の構図ですね。

    当日の様子 …

  8. Code for Japan Summit 2019に参加してきた

    久しぶりにCode for Japan Summitに参加してきました。タイミングよく行けたのもあるので。

    Code for Japan Summit 2019 - Spark Joy!

    今回は、次の日に地元でイベントがあったのでそちらにも行くために1日のみ参加でした。

    当日の様子

    幕張メッセ方面です。快晴。

    IMG_20190928_110821_705.jpg

    幕張メッセとは逆に歩きます。IBMとかある。

    IMG_20190928_111703.jpg

    現地。神田外語大学です。

    IMG_20190928_112612.jpg

    受付済ませて名札に記入します。毎回なに書けばいいか悩むんだよね。。

    IMG_20190928_113252.jpg

    実はキーノートに間に合わなかったのでランチセッションから見てました。

    IMG_20190928_114620.jpg

    IMG_20190928_120019.jpg

    ランチセッションは、テクノロジーと教育の話ということで、熊谷千葉市長さんとGROOVE Xの林社長とのパネルディスカッションでした。

    教育とEdTechの話だったけど、素直に混ぜ合わせるのって難しくて教育側もテクノロジーを扱う側もどちらも歩み寄りが求められそう(という感じの話だったと記憶してる)

    IMG_20190928_120446.jpg

    あとパネルの隣でLOVOTと参加者のお子さんが一緒に遊んでる様子が微笑まし過ぎてしょうがなかった。12月はLOVOTもう発売してるっぽいですね。(サイトで維持費を見てそっ閉じ)


    午後のセッションもいくつか見ました。面白かったのはサービスデザインのパネルディスカッション。サービスデザインという概念自体をよく知らなかったので、サービスデザインis何はこちら。

    サービスデザインとは何か | ひらくデザイン | 株式会社コンセント

    サービスをただ使えるようにするのではなくて、使う人の実態に合っているのか、現実的に問題を解決できているかといった、状況を評価し続ける(検証フローを回し続ける)ことだそうです。

    行政のサービスって出したはいいものの合わないって話はよく聞くし、シビックテックのサービスも同じものです。そのときはそのときまで …

  9. 静岡でPyCon JP 2019の報告会

    9月に無事終えたPyCon JP 2019の報告会を静岡の浜松で行いました。Unagi.pyとPython駿河の合同で開催されました。

    Unagi.py 勉強会21枚目~PyCon JP 2019参加者によるビアバッシュ報告会~ - connpass

    自分は振り返りのレポートと、かなわなかった2日目LTのネタをさらっと流しました。LTは成仏したのでリンクさせませんw

    GitPitch Presents: github/hrsano645/unagipy-21-pyconjp2019-reflection

    Modern Slide Decks for Developers on Linux, OSX, Windows 10. Present offline. Share online. Export to PPTX and PDF.

    他の方も同じく体験レポートでした。小池さんのキーノートの話はだいぶ盛り上がって、裏側の話として参考になりつつ、大変だったこともわかって大役だったんだなと感じました。本当にお疲れ様でした。

  10. PyCon JP 2019 参加レポート

    9月の半ばに開催されたPyCon JP 2019へ参加してきました。1年すっぽかしたので久しぶりです。

    今年はNew Eraということと、Python2のサポートが終了するタイミングなのもあって、時代が変わるようなカンファレンスだったかなと。

    ボートを見ると圧巻ですが、セッションもより多くの機会を増やすような取り組みもあって、多様も意識されていたようです。英語での発表が多かったのも1つです

    MVIMG_20190916_093842.jpg

    いろいろと感じたことを残しておこうと思います。

    PyCampのミートアップに参加してきた

    この投稿をInstagramで見る

    pycamp ミートアップ。お店あってるかよくわからんw

    hrsano645(@hrs_sano645)がシェアした投稿 -

    PyCamp(Python Boot Camp)は各地域でPythonの入門講座を行えるコミュニティです。静岡でも2回ほど開催されてそこからコミュニティが派生してます。(手前みそだけど自分の記事を -> 静岡のPython事情)

    Python Boot Camp ミートアップ 2019 - connpass

    各地域の方とお話しさせてもらいましたが、コミュニティができた後にどうやって人を集めるか、イベントごととしてどうやって長く運用するか、レベルをどう上げるべきかといった、コミュニティあるあるだけど悩みも深い話ができてよかったです。

    (会場が新し目のところだったらしくて全員で迷ってたのが面白かったw)

    IMG_20190915_181341.jpg

    静岡は現在3つほどのPythonコミュニティがあるけど、そのつながりもですし、他県周りの地域ともつながれるといいなと思ってます。最近はリモートでの同時開催(みんなのPython勉強会とか)もあるので、できるようにしていきたいです …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク