Articles in the Event category

  1. PyCon JP 2017に参加してきました #pyconjp

    着ました! #pyconjp

    hrs_sano645さん(@hrs_sano645)がシェアした投稿 -

    昨日まで(9/8~9/9)に開催されましたPyCon JP 2017に参加してきました。初参加から4回目ぐらいの参加になります。去年と二年連続となりました。

    今年のテーマはOutput & Followということです。コミュニティへ向けてお披露目して、見聞きしたら色々と語ろうとざっくりとした意味合いで捉えています。

    今年のテーマ | PyCon JP 2017 in TOKYO

    会場の雰囲気

    前回と同じく、早稲田大学西早稲田キャンパスにて開催されました。

    私事ですが、一応大学関係者なので、最近流行りの eduroam を利用することが出来ました。去年はまだ利用できなかったのですが、今年から可能になったので使ってみてました。

    AndroidとMacとそれぞれ利用することが可能で、おおよそ上下20Mbpsほど出ていたようです。なのでネット環境に困ることはほぼ無く快適に過ごすことが出来ました。所属している東海大学(とある研究室の先生が猛プッシュされてたそうです)や早稲田大学やeduroam関係の皆様ありがとうございます。

    (なんでここまで書きたくなるかというと、こういったカンファレンスは大抵通信環境が厳しくなることがあるためです。で …

  2. Maker Faire Tokyo 2017に参加してきました #MakerFaireTokyo2017 :2日目

    2日目は買ったり食べたり三昧でした

    前回 に引き続いて Maker Faire Tokyo 2017に参加してきた時のタイムラインと写真を紹介しようと思います。2日目は1日目で荷物になりそうなので我慢しておいた物販のブースを中心に回ってみました。

    前回と同じくinstagramを含めた写真や動画を載せつつ紹介していきます。

    オライリーブースで買い物

    オライリーの物販ブースは今年のTシャツや帽子、缶バッチやトートバッグなどのノベルティと、書籍の即売ブースもありました。

    書籍ブースでは8月に発売されるMakeの新しい本である「私たちはみなメイカーだ」の書籍が先行発売されていました。普段は電子書籍しかかわないようにしていましたが、この本だけは先行発売というのも合って購入してしまいました。

    O'Reilly Japan - 私たちはみなメイカーだ

    私たちはみなメイカーだ ―メイカーが変革する教育、仕事、社会、そして自分自身 (Make: Japan Books)
    4873118123

    ASIN : 4873118123
    Amazonで詳しく見る
    Powered by Amazon Quick Affiliate (JP)

    写真では、この書籍でMakeyを作っていました。この辺がMakeイベントらしさがありますね(人によってはよく思わないかもしれませんが ^^;)

    コレは面白いw 書籍も購入しました! #makerfairetokyo2017

    hrs_sano645さん(@hrs_sano645)がシェアした投稿 -

  3. Maker Faire Tokyo 2017に参加してきました #MakerFaireTokyo2017 :1日目

    8月の初めにですが、去年も見に行ってきたMaker Faire Tokyoに今年も見に行ってきました。

    去年に静岡から参加されていたきゅうり農家の方ともお会い出来ましたし、その他にも興味のあるブースを見ることが出来て大満足な二日間となりました。その時の感想や写真を残しておこうと思います。

    まず会場ですが、東京ビックサイト開催は代わりありませんが、かなり広いスペースを確保されていたようで快適に見ることが出来ました。各セッションも見ごたえあるものがたくさんで、2日いてもすべて見れないほど規模が大きいのが印象に残ってます。

    リアルタイムでInstagramにポストしていた写真も含めて、写真を載せて振り返っておこうと思います。

    トークセッション

    昨年はトークセッションをあまり聞けなかったので、今年はこちらをまず最初に聞いてきました。

    IBM Bluemax

    IBM Bluemix | Maker Faire Tokyo 2017 | Make: Japan

    ワンオペで参加されていると 冒頭から自虐って スタートされていましたが、内容は(IBMさんですし)はしっかりでした。

    AIとざっくり行っても様々な活用方法があり、提供できるサービスも各社増えている中、IBMさんの取り組みの紹介でした。しかもブースに来ると30日間(だったと思います)無料でインフラが利用できるとのことでした。

    特に面白かったのはBB-8のおもちゃを脳波コントロールする際に利用する例でした。

    こういうことがデバイスとインフラを頑張って用意する必要性が無くなったのが素晴らしいです。デバイスとインフラがオープンになればなるほど組み合わせ次第でより強力なものが実現できそうです。

    micro:bitの日本上陸記念講演

  4. 静岡ITPro勉強会 第10回に参加しました #shizuoka_itpro10

    先日に久々に勉強会に行ってきました。静岡ITPro勉強会で、実に5年ぶりの開催だそうです。

    第10回静岡IT Pro勉強会のご案内 - 静岡ITPro勉強会

    ハッシュタグ #shizuoka_itpro10

    静岡の中部で参加する勉強会も久々で、ITPro勉強会はインフラエンジニア寄りの勉強会のようでした。

    内容は上のリンクにも書かれてますが日本マイクロソフトの大西さんを招待講演だったと思いきやワークショップ形式でした。ワークショップするのすごく久しぶりで楽しまさせていただきました。

    大西さんとはこちらの方です。

    Akira Onishi (大西 彰)(@oniak3)さん | Twitter

    「プレゼン」はもう時代遅れ、これからの時代に合った「伝え方」とは | 未来を変えるプロジェクト by DODA

    (講演の中で紹介があった体験談の例:このプロジェクトにもかかわられていた方です)

    【特集】西川善司の3Dゲームファンのための「WITCH CHAPTER 0 [cry]」講座 ~極秘裏に進められたスクエニのDX 12技術デモの全貌に迫る - PC Watch

    エンジニアの今後のキャリア、もっとざっくり言うと未来を考えてみようというお題で、大西さんの(普通の人じゃ体験できないような恐ろしさの)体験談を紹介されていました。

    詳しい内容はオフレコ混じりっぽかったので自重しておきますが、3年後は東京五輪もあって、今は忙しい方も多いけど、その先は意識している …

  5. Shizuoka.py #6に参加しました

    Shizuoka.py #6 and shizudev - connpass

    2月の半ばに開催されました Shizuoka.py #6に参加しました。今回は縁あってきゅうり農家の(@ike_jpnさんの方に声をおかけしまして参加していただくこととなりました。

    また他県(なんと横浜!)からいらした方や、学生さんもいまして、今回のShizuoka.pyも大変盛り上がりました。皆様ありがとうございました。これも@yajuさん、@fmkz___さんのおかげです。@yajuさんはqiitaの投稿でshizuoka.pyの宣伝をしていただきました。

    なぜ機械学習にPythonが選ばれるのか - Qiita

    自分は最後に汚し的なLTでした(5分のつもりが色々あって15分ぐらいorz。ぶっつけですみません)スライドはこちらです。

    requests-oauthlibについてはこちらです。実際に数時間ですぐに使えるようになったのでおすすめですね。

    Requests-OAuthlib: OAuth for Humans — Requests-OAuthlib 0 …

  6. PyCon JP 2016に参加してまいりました #pyconjp

    行ってまいりました。今年のPyCon JP。備忘録がてら感想を書こうと思います。YoutubeとTogatterのリンクも載せておきます。

    ちなみにTogetherさんのまとめが資料やYoutubeやツイートの様子もほとんど見ることができます。すごいです。中の人何人いたんだろう?

    資料も反響もすべてチェック! 秋雨に濡れた早稲田大学西早稲田キャンパス #PyConJP 2016 まとめまとめ - Togetterまとめ

    道中

    ポケモンGOの話題は以上です。

    キーノート一日目

    ジェシカさん(Jessica McKellar)の公演は、Pythonのコミュニティから社会のコミュニティまでに興味を持って取り組む活動の様子の紹介でした。 PyConの1日目のキーノートはPythonのコアな話をする場合もあれば、Pythonが絡むいろんな活動の様子を紹介することもありますね。今回は後者側だったようです。

    ジェシカさん自身も小さい頃からプログラミングを学んでいたわけではなく大学生時代からだそうです。学ぶといろんなシステムが理解できるようになるとおっしゃってた(間違ってたらすみません。。)のが印象的でした。

    聞きながら周りと見ると

  7. shizuoka.py #5に参加してきました

    静岡のpythonコミュニティが集う shizuoka.py#5。5回目が行われました。1年半振りです。

    Shizuoka.py #5 - connpass

    自分はこちらを発表しました。

    python-pelicanの入門的な内容です。pelicanは以前も紹介したStatic Site Generatoerです。実は去年実際に使ってみてどんな感じかを紹介するネタでした。元ネタはPyCon JP 2014のトークです。

    大体似たようなことを発表してましたが、普段使うテーマやプラグインにもチョットだけ言及しました。

    デモしながらやっていましたが、Macbook Airのプロセスが何か暴走していたようで途中熱くて触れなくて苦労してましたがなんとかなったかな?

    あと、差し替え版ではないpelicanプロジェクトでmake htmlをするときに失敗していましたが原因が分かりました。途中の操作を間違えたのか、contentフォルダの中にcontentフォルダがまた作られてしまい、htmlの生成がうまく出来なかったようです。

    他の方が濃さそうなネタだったのもあってゆるいネタになってたかなと思います。pelican使ってみたい方は公式ドキュメントを見る前に見ていただけれうと参考にはなるかなと思います。

    聴講して気になったもの

    • ansibleやっぱり便利そうで身につけたいのですが、実際に操作されているのを見ると出来そうな気がしてきます。また取り組んでみます。。
    • pytestをインフラテストに使うための testinfra が便利そうでした。機会があれば使ってみたいです。
    • 可視化ツールはデータを扱う方には必須ツールですね。研究室の学生にも勧めておこう。

    他にもあるのですがオフレコ話も被りそうなのでこの辺で …

  8. Engadget Fes 2014 Winter #egfes に行ってきました

    今年の夏に行けなかった、Engadget Fesの冬版として開催された、Engadget Fes 2014 Winterに行ってきました。 ガジェットやMaker系の物が好きな人なのでだいぶ楽しめました。本当に文化祭な感じで、プロの方も宣伝一色というわけでもなく、展示のガジェットの楽しさを感じれました。

    DSC00592.JPG

    DSC00659.JPG

    DSC00661.JPG

    続きから、見てきたものの感想などです。

    見てきたトークセッション

    まずは見に行っていたトークセッションですが、こういうものでした。

    11月のEngadget Fes 、日米Engadget チームが CES 2015 大予想。リチャード x マット x Ittousai #egfes - Engadget Japanese

    CESどんなものが来るかなという予測(願望的でもあったかなw)をしあう会でした。

    米Engadgetチームの方が中国のスマホをたくさん持って来られてましたが、みんな質感良いものが出てきてあってほしいもの多かったです。

    ドローンやロボット、ウェアラブルは来るしオキュラスのようなVRも楽しみとのこと。

    Engadget Fes 高木浩光 x やまもといちろう セキュリティ&プライバシー対談 #egfes (更新:動画追加) - Engadget Japanese …

  9. #pyconjp 2014へ参加してきました!

    #pyconjp 2014見に行ってきた!

    PyCon JP 2014 ということで、今年は国内のイベントとして(前回はAPACとしてアジア域の規模)やるとの頃でしたが、参加人数は前回より多い?ようなぐらいの規模となってました。1日目のパーティに参加された方が半端ない人数でした。1日目の白熱っぷりは本当にすごかった。

    何を見たか?

    一日目はキーノート以外のセッションを時間いっぱいまで見ました。二日目はキーノートとジョブフェアを見ました。

    一日目に見たもの

    キーノート見れなかった

    一部で物議をかもしたキーノートらしいです。そしてまだ見てません。。。

    Python3について個人的には日本語圏にはものすごく良い環境なので、条件がそろう、やる気があるのであればとっとと採用したほうが良いと考えてます。

    自分はこれからのプロジェクトにはPython3(3.4)メインにしていきます。 (と言ったもの使われる大きなライブラリが対応してないと手を出しづらいのもありますね。。。)

    セッション

    見たセッションについて感想や思ったことを残しておきます。

    裏のほうも面白そうでしたが、こちらも刺激たくさんなセッションでした。

    CH03 Djangoアプリケーション、パフォーマンスチューニング (ja)

    **[Pycon2014 django performance](//www.slideshare.net/hirokiky/pycon2014-django-performance-39037314 "Pycon2014 django performance")** from **[hirokiky](//www …
  10. PyCon APAC 2013 一日目に参加してきました

    帽子を忘れて工学院大学と新宿駅を2往復した人です。スタッフ皆さん有難うございました。

    PyCon APAC 2013 - PyCon APAC 2013

    Twitterで締め切り間近と聞いたので(あと秋葉原方面でぶらり旅/所要と日があたったので)ノリでチケット購入しまして。

    13日から16日にかけて行われました、PyCon APAC 2013 一日目のカンファレンスに参加してきました。久々にPython充を味わいました。

    一日目も内容が濃いセッションばかりでとても勉強になりました。台風の都合で最後まで入れなかったし、二日目も興味のあるセッションばかりで残念なところでしたが、Youtubeにもレコードビデオがあるのでそちらを見たいと思います。

    タイムテーブル - PyCon APAC 2013

    以下感想やメモを箇条書き。記憶を頼りにしたので若干間違っているかも。

    基調講演: Georg Brandl:

    ▶ Keynote: Python and Neutrons or, how to make it fun to move motors by Georg Brandl - YouTube

    • Python3.3の現状の話 …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク