Articles in the 入門記事 tag

  1. Proxmox VE 4.4 を導入してみた:ストレージとバックアップ

    シリーズ目次

    前回の続きです。Proxmox VE(以下PVE)はサーバー本体のディスクをシステム以外に、OSなどが入ったISOイメージや仮想マシンのディスクイメージの置き場所(ストレージ)として利用します。

    サーバー側にディスクをたくさん積んで置ける場合は良いのですが、業務で利用される場合は別にストレージサーバーがあると思います。

    私もNASを利用してファイル共有を行える環境がありますが、samba以外にもストレージサーバーとして扱えるNFS, iSCSIに対応しているサーバーがある場合は、そちらをPVEのストレージとして扱えます。今回は扱いやすいNFSサーバーをPVEに登録して、ISOイメージの保存, 仮想マシンディスクの保管場所にします。

    また、ストレージに関連してProxmox VEのバックアップ機能についても触れてみます。(こっちのほうがメインっぽい)

    ストレージとして扱える種類

    扱えるストレージは公式のドキュメントに記載されています。

    Proxmox VE Administration Guide

    ストレージタイプと言う概念もあります。ファイルタイプは名の通りファイルベースで管理するストレージ …

  2. Proxmox VE 4.4 を導入してみた:インストールと仮想マシン作成

    シリーズ目次

    Proxmox VEを使ってみました

    本業で利用するアプリ、個人的な趣味のツールのために、開発用のGitLabやテスト用のWinなどのマシンを稼働させています。

    それらを仮想マシンとして動かすためにハイパーバイザーとしてKVMを利用していました。数年前からvirshやvirt-managerなどを使って管理していましたが、 ~~おっさんになってコマンド打つが面倒に~~ 本業が忙しくてコマンドラインでいちいち管理するのが面倒になってきた(あとVMwareなどの別のアプライアンスを使ってると憧れますよね。。)のでVMwareに移行しようかなと考えていました。

    または、KVMのハイレベルなUI、できればWEBで利用できるインターフェイスがあるかなと探してました。KVMの公式では管理ツールの紹介があり、こちらを探してたのですが

    Management Tools - KVM

    それとTwitterで助言にただいたときにこのサービスを知りました

    Server virtualization management with Proxmox VE

    Proxmox VEという仮想マシンサーバーです。中身としてはDebian, KVM …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.sakura.ne.jp)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク