Articles in the Sugru tag

  1. Sugruを使ったヘッドフォンのBluetoothレシーバーのマウンタを作成してみた

    Sugruはだいたい多くのものにくっつけたり、形をつくったり出来るシリコンラバーパテです。詳しくは前回のエントリーより

    今回は、前回の写真にチラ見せしていますが、ソニーのヘッドフォンにBluetoothレシーバーを取り付けるようなマウンタをsugruを使って作ってみました。

    Bluetooth未対応の普通のヘッドセットをBluetoothステレオヘッドセットに仕上げてしまおうという話です。

    完成写真

    DSC_0126.jpg

    DSC_0150.jpg

    よくわからないと思われますので解説すると、Bluetoothレシーバーは多くはクリップで付けれるものです。なのでクリップをつける部分を金物で作って、Sugruで接着したものです。 ターゲットはソニーのSHB20で、大きさ的にもちょうどよく作れました。

    続きは製作過程の紹介です。

    何を作るか

    マウンターとはいうものの、クリップ止するためのハンガーを作る感じです。 金属板を曲げてクリップする部分を作ります。接着がsugruで行います。

    材料

    • 曲げやすい金属の板:大きさは適当
      • 今回は100円ショップで買ってあった手帳向けの定規を使いました
    • sugru mini pack 1ケ
      • 黒を使いました
      • クリップするハンガーの部分を保護するために使いました。適当な布で今回はデニムの歯切れを使いました。
    • 3.5mmステレオミニプラグ 2個
      • 双方同じものでも良いですが、ヘッドフォン側に付けれるものを選びましょう。
    • 線材
      • リケーブルで使うような線材を使います。余っているものを使いましたがどういった製品かは忘れました・・・

    製作の様子

    まずはハンガー部分を作ります。写真の左側にあるものが作ったもの。 凸型に曲げて、クリップする部分を作りました。

    DSC_0114.jpg

    仮止めして形を確認します。

    今回は練りゴムという、ちぎったりねって紙を貼り付けたりする文具を使って …

  2. 最近sugruを使って作ったもの

    sugruというシリコンラバーパテがあります。作っているのはロンドンの企業です。

    粘土みたいに扱いやすくて、粘着性が高く、防水で、食器周りにも利用できる(日本の基準に認定されたとかではないのでご注意。フッ素系で手が荒れやすい人は作業中は手袋が必要のようです)非常に利用用途があります。

    修理、接着、衝撃吸収、と、シリコンラバーパテという製品がそのままの利点がそのまま使えるという製品です。

    色もバリエーションが有りパテ自体に予めついていて、混ぜ合わせてオリジナルの色を作ることができます。

    この数年日本でも紹介されている製品です。sugruのYotubeページにも利用用途が紹介されています。

    特にレゴとの組み合わせが面白く、そこから sugru.com を見に行って 最初に購入したときは …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.sakura.ne.jp)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク