Articles in the 書籍 tag

  1. Python厳選ライブラリレシピを買いました。すごくいい!

    お久しぶりです。年末まで忙しいので色々と買ったりやったりした割には更新してません。来年もこんな感じかも知れませんがゆるくでもアップ出来るように頑張ってみます。

    さて簡単ですが、この本非常に良かったのでおすすめも兼ねて。

    Python厳選ライブラリレシピ読んでます。標準ライブラリや便利なサードパーティライブラリの使い方が載っている本で、Python初めて、公式ドキュメントを見続けてもいまいち使い方分からないって人におすすめです。

    なお技評のデジタル版を買いました。EPUBとPDFセットらしいです。kindleよりお得な気がします。紙書籍は保存用って感じですね。

    Python ライブラリ厳選レシピ:書籍案内|技術評論社

    Python ライブラリ厳選レシピ
    B017GT6PC4

    ASIN : B017GT6PC4
    Amazonで詳しく見る
    Powered by Amazon Quick Affiliate (JP)

    Python ライブラリ厳選レシピ
    4774177075

    ASIN : 4774177075
    Amazonで詳しく見る
    Powered by Amazon Quick Affiliate (JP)

    標準モジュールのdoctest, logging, collectionやPyCryptoを使ってみたかったので、サンプルを回しながら使い方を学んでましたがやはりサンプルがあると理解がすぐに進みます。Python3.4対応なので最近Python3なの?2なの?と迷うこともなく3に行けばいいと思います。

    またサードパーティライブラリの日本語解説は貴重です。よく利用されているライブラリでも日本語で使い方の解説ってあまりないんですよね。(お前もやれよって話だと思いますが …

  2. 「理系のためのクラウド知的生産術―メール処理から論文執筆まで」 を読んでみました

    今年の3月頃にこんな本を読んでました。

    理系のためのクラウド知的生産術―メール処理から論文執筆まで(ブルーバックス)
    4062577534

    ASIN : 4062577534

    Amazonで詳しく見る
    Powered by Amazon Quick Affiliate(JP)

    Lifehacking.jp の中の人 @mehoriさん の著書で、(知らなかったのですが、北極の気候変動の研究が本職とのことで)研究にまつわる情報共有とクラウドサービスの扱い方の解説がされています。

    gmailに始まるGoogleのサービスの具体的な使い方、その他のクラウドサービスも紹介されています。Evernoteの紹介、Remember The Milkでのタスク管理などなど。

    Mendelyという論文管理サービス/ソフトの解説がありがたかったです。(Mendelyは時間の余裕が出てきたので使ってみようかと)

    ただこの本はもっと大事な話がされていて、情報に飲まれた状態がいかに虚しいことかが冒頭に語られていたところですね。

    クラウドサービスは時間を作るための手段

    しかし現実の「理系研究者」の仕事は、なるほど知的で専門的かもしれませんが、多くの人の仕事ぶりはスマートというには程遠いことを、私は今まで多くの科学者のオフィスを見てきた経験から知っています。 (P.3)

    ずいぶんとドキッとする言い方です。

    ある人は、故障でパソコンのデータがすべて失われた際に、多少苦しそうでしたが「これまでの整理していない情報と一度別れることができて、せいせいした」 (P.5 …

  3. みんなのPython 第3版を読みました

    みんなのpython 第3版を読み終わりました。購入はkindle版です

    入門という事もあってスラスラ読めました。以下感想です。

    タートルモジュールの存在を知らなかったのですが、BASICで色々図形を書いていた頃を思い出せるようなモジュールですね。

    普段クラスを作ることがないのですが、オブジェクト指向の部分は読んでいて面白かったです。

    Pythonでデータを弄くる作業を主にやってるのですが、そういう時ってデータ構造を作ればなんとかなるのでクラスを使う機会が少ないです。

    それでも読んでるうちにクラスを活用するほうが良い気がしてます。例えばデータを変換するための中間的な処理の隠匿や、似たようなデータを扱うときに処理のルーチンを継承したサブクラスを作るとか。(もっともな使い方ですが。。。)

    ドット演算子やプロパティでそれらにアクセスして操作させるほうが文脈としてはわかりやすいですし、モジュールにでもしておけば確認するときも便利ですし。改心してもっとクラス使ってみます。

    また、「Pythonのあらゆるものがオブジェクト」と言う話は有名だと思いますが、みんPyでは最初から通して読むと理解が深まる作りをしているようです。基本のデータ型の説明から使いこなし方、クラスの話、モジュール、と説明の順番もそれを感じてもらうためにしているのかなと思います。

    そういえば関数にアトリビュートを追加できることを先ほど試して知りました。ホントなんでもオブジェクトなんですね。

    3系対応版としていますが、基本的に2系とびっくりするほど変わってませんし、更に3系で使うイディオムでは2系についての補足もちゃんとあるので気がつけます。 2系から3系に移行する心得も乗っているので、悩んでる人は読んでみるとお勧めです。(と、これから既存のコードを移行させようと意気込んでますが)

    日頃Python使ってる人なら休みの日に1日で十分読めるはずです。自分も1日でタートルコマンドを楽しみながら読みました。

    Pythonやりたい人、3kどうしようか困ってる人はまずはこれを読みましょう。3kも実は以外とすんなり導入できますし(python3として入るはずなので)、まずは入れて動かしましょう!(と、これから既存のコードを...

    参考

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク