Articles in the イヤホン tag

  1. スウェーデン発のBluetoothイヤホンを海外通販してみました: Sudio VASA BLA レビュー

    夏場もそろそろ終わりですがまだまだ暑いですね。出先ではもっぱらPodcastをよく聞いていますが、普段使っている AKG Y45BTだと耳が熱くて不快になるので、夏場はイヤホンにしてます。

    イヤホンを使う時は、SonyのBluetoothアダプタとETYMOTIC RESEARCHのhf5を使っていました。この組み合わせで気に入っていましたが、ケーブルの取り回しがうっとおしいのが難点でして。

    よく聴いている backspace.fm のある回で、MCのゆかさんが紹介していた Sudio VASA BLAというBluetoothイヤホンがおすすめと聞いたのでいろいろと調べていました。

    #141: 中澤理香さんに聞くメルカリの今 – backspace.fm

    5 Reasons Your Earphones Should Go Cordless With Sudio VASA — Blossomlink

    sudioというメーカーはスウェーデンが拠点のオーディオメーカーで北欧のデザインと音質の良さに評判があるそうです。レビューがよくされていて、日本でも店頭販売もされているそうです。ちょうど一体型なイヤホンが欲しかったので良いタイミングと思い買ってみました。

    Sudio VASA BLA - ブルー | Bluetooth イヤホン | スーディオ 公式ストア

    1ヶ月前に購入していますが、デザインと取り回しの良さそうなケーブルで使いやすいです。Android端末とのペアリングも問題なく出来ました。しばらく外出で使うときはこれがメインです ...

  2. Sugruを使ったヘッドフォンのBluetoothレシーバーのマウンタを作成してみた

    Sugruはだいたい多くのものにくっつけたり、形をつくったり出来るシリコンラバーパテです。詳しくは前回のエントリーより

    今回は、前回の写真にチラ見せしていますが、ソニーのヘッドフォンにBluetoothレシーバーを取り付けるようなマウンタをsugruを使って作ってみました。

    Bluetooth未対応の普通のヘッドセットをBluetoothステレオヘッドセットに仕上げてしまおうという話です。

    完成写真

    DSC_0126.jpg

    DSC_0150.jpg

    よくわからないと思われますので解説すると、Bluetoothレシーバーは多くはクリップで付けれるものです。なのでクリップをつける部分を金物で作って、Sugruで接着したものです。 ターゲットはソニーのSHB20で、大きさ的にもちょうどよく作れました。

    続きは製作過程の紹介です。

    何を作るか

    マウンターとはいうものの、クリップ止するためのハンガーを作る感じです。 金属板を曲げてクリップする部分を作ります。接着がsugruで行います。

    材料

    • 曲げやすい金属の板:大きさは適当
      • 今回は100円ショップで買ってあった手帳向けの定規を使いました
    • sugru mini pack 1ケ
      • 黒を使いました
      • クリップするハンガーの部分を保護するために使いました。適当な布で今回はデニムの歯切れを使いました。
    • 3.5mmステレオミニプラグ 2個
      • 双方同じものでも良いですが、ヘッドフォン側に付けれるものを選びましょう。
    • 線材
      • リケーブルで使うような線材を使います。余っているものを使いましたがどういった製品かは忘れました・・・

    製作の様子

    まずはハンガー部分を作ります。写真の左側にあるものが作ったもの。 凸型に曲げて、クリップする部分を作りました。

    DSC_0114.jpg

    仮止めして形を確認します。

    今回は練りゴムという、ちぎったりねって紙を貼り付けたりする文具を使って ...

  3. EX90のリケーブルついでにMMCXコネクタケーブル対応の改造をしてみた

    追記:2012/10/07

    一部訂正しました。参考元のmasarinさんからコメントを頂いた際に気がついた部分を訂正。(masarinさんの情報は参考にさせていただいたのですが、誤解を与えそうな内容がありました。すみません。)

    久々に休みらしい休みがあったので軽いノリでやってみたら休みがなくなったの巻

    作ったもの

    土曜日によるから初めて日曜日の3時まで頑張ってイヤホン本体の改造、朝にケーブルを作りました。

    CIMG0081-001.JPG

    音が変わったかはあまりわかりません。交換可能になることに意義があります(笑)

    改造元より、MMCXプラグを使ってのケーブル作るのが一番苦労しました。初めて作りましたがピンの扱いに苦労してたのもあり耐久性に心配が残りますが、まあ作りなおせば良いかなと。

    ともあれ大事なのは改造したEX90です。MMCXのケーブルは買えばいいのです買えば(しかし高めなものが多い)

    続きます。長いです。

    事の始まり

    EX90の左側から音が出なくなりまして、以前イヤホンジャックの根本が断線したことがあり修理出来ましたが、今回はその部分ではない模様。

    昔直した時のはこれです:EX90が復活! ~プラグ付近の断線からの回復修理の工程~ - Mattari Diary

    ケーブルを動かしてみるとどうやら左ドライバ側の線が怪しいようで、これを直すとなるとドライバ側からのケーブル交換しか無さそうです。

    EX90の本体からケーブル交換している方がいるかをぐぐってみると画像つきで解説が!

    SONY MDR-EX90のリケーブル修理+10Proホワイトケーブル - 不器用貧乏メモ

    交換は案外簡単に出来そうに見えてきました。

    後は実際に作ってみるとなりますが、前々からやってみたかったことを試して見ることにしました。

    リケーブル→リケーブル可能のイヤホンに改造

    この件で色々と情報を集めていて興味が湧いたのが、MMCXコネクタを使ったケーブル。Shareのイヤホンシリーズで採用されているコネクタで、ケーブルを自作されている方々をよく見ました ...

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.sakura.ne.jp)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

Tags

スポンサードリンク