Articles in the Wordpress tag

  1. WordpressからPelicanの移行した時のメモ: 2.Wordpressの内容を頑張ってPelicanにインポートさせる

    前回の続きです。

    Wordpressの内容のエクスポートまでは、複数カテゴリの移行が難しいという諸事情で、わざわざ移行用のサーバーを作って、カテゴリの変更をするなどしてXMLファイルへエクスポートさせました。

    次は、いよいよPelicanへインポートさせます。が、これもだいぶ苦行です。

    Wordpressのxmlファイルをインポートする

    おさらいですが、インポートのコマンドはpelican-import です。これは何をしているかというと、インポート元のファイルやサービスへアクセスし、エントリーごとのファイルを作ります。

    使ったコマンドとオプションはこれ

    $ pelican-import --wpfile -m markdown --disable-slugs -o ./wp-import-md/log.wordpress.2015-01-31.xml
    

    --wpfileオプションはwordpressのxmlfileを指定してます。 -mオプションは--Markupの略で、rstファイルかmdファイル(markdown)かを選べます。

    --disable-slugsオプションは、生成したエントリーごとのファイルにあるメタデータに:slug:を生成するかしないかです。生成すると、wordpressのslugを引き継いでくれます。

    pelicanでそのままmake html/publish ...

  2. WordpressからPelicanの移行した時のメモ: 1.wordpressの内容をエクスポートする

    WordpressからPelicanに移行してから、移行話を書こうと思って書いてみました。長いので複数に分けています。

    移行に際して、何らかの苦労があると思って挑みましたが結構苦労しました。既存のWordpressを色々カスタマイズすればするほどです。

    ちなみに、新規でやる人やWordpressからimportさせようと思わない人には価値の無い話題です。

    pelicanを使ってみる

    Pycon 2014のセッションを聴講してから、使いたいなーと思ってその場で試したところからです。

    導入は非常に楽です。なおpython+virtualenvが入っていることが前提です。自分の環境ではpython3を使いました

    インストールはvirtualenvで仮想環境を作り、以下のように

    $ pip install pelican
    

    ブログを書けるようにセットアップする

    pelican-quickstart を使って、Pelicanの作業環境を作成します。適当なディレクトリに写って、コマンドをうちます。

    この辺の話は、解説されている方がいますので、情報源を挙げておきます。md, rstファイルに馴染んでいる人は、何の苦もなくブログが生成される様子を見れると思います。エディタも自由に使えますし、Wordpressはなんて面倒なんだ!って思われると思います。

    移行の話をした時に参考にしたリンク先を載せたので、そちらを確認ください。

    WordpressのブログをPelicanへ移行する方法

    苦行の始まり。

    新規で作成するのであれば、生成したhtmlをサーバーへアップロードして終わりです。pelican的に言うと make rsync_upload でssh経由でrsyncをつかうことができます。非常に簡単。

    今回は最近まで利用していたWordpressのデータやURLの構造も出来る限り移行するつもりでした ...

  3. さくらVPSへサーバー移転した時の記録

    AWSのEC2で動かしていました当ブログ(hrs-sano.net/blog/)をさくらのVPSへ移転しました。

    OSもUbuntu 14.04にアップグレードしました。移転自体はデータや設定の移行で済ませています。

    おもだって特別なことはしていないのですが、備忘録として残します。

    やること

    1. ubuntuのインストール
    2. sshの設定、公開鍵の登録
    3. LAMPサーバーをセットアップ
    4. UFWの設定
    5. 旧サーバーから移行
    6. ドメインのAレコードを変更

    1. ubuntuのインストール

    さくらVPSの説明通り

    「カスタムインストール」を利用すると簡単に終了します。VNCコンソールもHTML5モードが利用できるため、Javaの面倒な話はなしです。さくらさんさすがです。

    第322回 さくらのVPSでUbuntu 14.04 LTSを動かす:Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社

    MacのiTerm2で色々操作してると、ロケール関連の警告がうざったく出てくると思いますので、日本語環境を入れておくと良いかもしれません。(または.bashrcなどに言語関連の環境変数を入れる)

    sudo apt-get install language-pack-ja
    sudo ...
  4. ブログテーマを変えてみました

    Wordpressの新しいテーマである「Twenty Fourteen」を適応してみました。テーマを何かいじったところはありませんが、きれいですねえ。

    注目記事(featured)機能の使い方がイマイチわかりません。。。。

    追記 2014/01/19

    注目機能はタグを付ける必要あったのですね。今頃気がついたので設定してみたり。

    画像が表示されないのはアイキャッチ画像を設定してないのが原因でしょうか。Google+の写真を利用してるので難しいかな。

  5. 「Picasa and Google Plus Express」でGoogle+のアルバムにある写真が一部のみしか表示されない時の対処法

    Android端末を買ってから、Google+のアルバム機能を利用していまして、このブログの写真はそれに依存しています。
    写真を利用するために、Wordpressのプラグイン「Picasa and Google Plus Express」を使ってる時に問題になったこと

    例えばこのアルバムで

    [pe2-image src="http://lh6.ggpht.com/-4tiaDN5XQ54/UgtfEmc0YXI/AAAAAAAAHq4/SHvi4mJrYAM/s144-o/%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B7 ...

  6. wordpressのバージョンを3.5に更新、テーマも変えてみました、ついでにSNSのボタンも入れてみました

    Wordpressのバージョン更新を無事に終了したので、3.5から導入された新しいテーマを使ってみました。シンプルで良いですねえ :)
    レスポンシブデザインデザインもいいなあ。

    ついでにSNSのボタンもプラグインを使って配置してみました。場所が微妙に気に入らないので設定で直せれば直します。 
    利用したプラグインはこれです。

    Tweet, Like, Google +1 and Share Plugin - Wordpress

    カテゴリーもちょこちょこ整理整頓してみてます。ここも久々に更新したりして年末的な行動をしていますが、もうちょっと買ったものレビューなど載せるつもりです。

  7. wordpress for androidで投稿テスト

    テストしてみましたなうー
    カテゴリーも入れれるのはいいなあ。

    いつもスマホではつぶやいてばかりなので、ブログを書くのはしっくりこないのですが、メディア機能?で呟き用で使うのにはぴったりですかね

    markdownのプラグインと共存できるかの確認もかねてみてます。

  8. Markdown記法に慣れたくてWordpressにプラグインを入れる

    入れたものはこれ。markdown慣れしたくて入れたプラグイン。

    記法はWikipediaにありますね

    Markdown - Wikipedia

    markdown!

    たまにEvernoteでも見出しに"##"を入れたり、リストに"-"を入れたりしてますが、全部覚えきれてなかったりするので、

    矯正ギブスとして、日頃使うツールでMarkdown記法が使えるようにする。といった習慣付けの一つとしてここにも入れてみました。

    まだ見出しとリストとリンクしか使いこなせていないのですが、ぶっちゃけこれだけで十分なのかもしれないのです。
    あと引用やコードの記述も覚えれればいいなあと思う所です。

    Google Sitesあたりでも使えるようにしたいけど、なにかよいものはあるのかな。

    追記:2012/05/05

    Google Sites: Markdown support? - Web Applications

    markdown書いてHTMLにコンバートしてくれるツールを使って貼り付ければいいじゃん。ってまあ確かにその通りですね :-)

    追記2:2012/05/05
    リストの作り方間違えてた>< あと改行に失敗していましたので直しました。

    Evernoteと連携出来る(そしてHTMLのビューアにもなる ...

  9. テーマを変えてみた

    タイトル通りです。

    しばらくWordpressの外観を触っていませんでしたが、何か変えたいなー欲がでたのでテーマの一覧から変えてみました。

    テーマ詳細はこういうものらしいです。

    Über Picomol | picomol.de

    http://picomol.de/about/

    なかなかいいです。日本語の副作用とかはなさそうかな?

    自分でカスタマイズできるようになるまでいろんなテーマを試したいですね。

  10. wordpressのダッシュボードからTwitterライクに更新するウィジェットを作ってみた

    タイトル通り、Wordpressのダッシュボードウィジェットから、つぶやきみたいに更新をするツールを作ってみました。

    こんな感じのです。

    • よく企業サイトでもトップページなどに使われている、最新情報のリストを表示する方法と組み合わせると、簡単な更新ツールとして使えるそう。
    • また、ダッシュボードからTwitterへ投稿するような感じでも使えます。

    動作としては、本文とタイトルを同じ文字列にして、(カテゴリをコード内で設定すれば)投稿してくれます。

    コードを置いておきます。貼ってあるコードは安全性を考慮していないはずなので、ご注意を。

    作りに至った理由

    お手伝い先の研究室のサイトデザインを変更することになったときに、研究室での最新情報を1行で更新する、いわゆる「1行更新」を行うのにブログの投稿で行えないかと考えていまして。

    まずは標準で備わってるダッシュボード上にあるクイック投稿(QuickPress)を試してみることに。

    デフォルトのカテゴリ指定をしておけばそのカテゴリに投稿できるという理想的なウィジェットでしたが、タイトルだけで投稿しようとしたら投稿できない・・・ことが判明しまして。orz

    本文とタイトルが同じになるような投稿を叶えてくれそうなプラグインを探してみるものの見つからず。

    post.phpに内容を投げるだけ出し、なんとか作れないかとそれらを参考にしてオリジナルで出来ないかと考えだしたところで、(実際はそれでは作れませんでしたが)

    理想的な更新方法はTwitterライクかと考えていたので、WordpressのP2テーマを見つけて、それも見ていた所から始めたのがこれです。

    機能と動きについて

    • ダッシュボードウィジェットで作ってます
    • タイトルと本文が同じ文字列となるようにする
    • 投稿ボタンを押すと、JSで確認ダイアログを出す
    • これポストしたとわかるようにカテゴリとタグを指定してある。
    • - GUI側からの設定機能は未実装
    • 投稿が成功失敗の通知を出す
    • 成功の場合は、成功した投稿への編集ページのリンクが現れる
    • 投稿自体はフォームの入力した文字列をwp\_insert\_postをそのまま突っ込んでる ...

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.sakura.ne.jp)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

Tags

スポンサードリンク