Articles in the 備忘録 tag

  1. 祖母がペースメーカーを入れることになった話

    今年は色々と耐えることが多かった1年でしたが、11月ほど試練を感じたのは久々だったかな。

    実家には今年で95歳になる祖母がおります。この歳で腰は曲がってしまってますが、歩いたり、お風呂も一人で入る、食事も普通に取れて(特に刺し身とお寿司と最近はハンバーガーとピザが好き)畑仕事をするスーパーウーマンなおばあちゃんでありますが、11月に緊急に心臓ペースメーカーを埋め込む事になりまして、事の巻末を経験談として残しておこうかと。

    あとまあまあエモい話です。年末なのでお許し下さい。

    (退院祝いより遅くなりましたが、11月の金沢旅で買ってきた のどぐろのお寿司 は大変気に入ってくれたようで完食した後に、再度ネットで注文しましたw)

    事の発端

    夏場を過ぎた頃ですが、夏場の疲れもあったのか祖母の食事量が徐々に落ちているような気がしていました。食欲がない以外はそんなに問題無さそうでしたので、一時的かなと思ってたものです。この時はその先にてんやわんやするようなことになるとは思わずにいつものとおりに過ごしてました。

    10月終わりには食事量は半分も行かない時があり、流石に心配になってきたので、大体毎月薬をもらうときにかかりつけ医の先生に相談することにしました。今年(いや数年前でしたっけ?)から後期高齢者は薬をもらう時にはかかりつけ医に診てもらう必要があるようです。

    ただこの辺のタイミングが、今思えば実に良かったと感じています。まさに九死に一生の話です。

    長い1週間

    病院に行こうか家族で相談してたときはまだ薬もあったこともあり、また次の機会でもいいじゃないかという話もありました。祖母も普段はあまり外出したがらないので調子を待ってからという時もありましたが、このときは自分の身を考えてすぐに行く事を決めていたようです。

    出かける時に脚がかなりむくんでいることに母が気が付きまして、その2ヶ月ほど前に検診に行った際には何もなかったので、ここでもだいぶおかしい事に気がつけたのが良かったと思います。(よく考えたら心臓系だと深刻な状況ですね)

    以降は診察を受けてから割りとスピーディな展開で1週間ほどです。

    • 診察を受けた時点ですぐに精密検査が必要な病院に移動。心臓機能が落ちているからと大事を取ってのこと。
    • 移動した病院にて検査を受けた時点で、脈拍が30以下で数日したら止まってしまうようなレベルだったらしい
    • その日に緊急用のペースメーカーを装着する手術を行う
    • 数日後に様子を見て埋込み式のペースメーカーの手術を行う
    • 退院 …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク