Articles in the libvirt tag

  1. uvtoolのネットワークをブリッジ接続させる

    書き残しです。気が付かなかったので。

    KVM+libvirtを動かしているマシンをubuntu 14.04にアップグレードしてから、uvtool が利用できるようになったのでkvmでマシン作りたいときはこれで作ってます。

    イメージがクラウドで利用されているのもの(Ubuntu Cloud Images)が手に入るので、一度必要なイメージをダウンロードしたら次はそれをリンクしてマシンを生成してくれるようで、OSのインストール作業というのが無いんです。非常に気が楽にマシンを作れます。

    何かを試す程度ならいいんですが、ちょっと問題が

    ネットワークがNATになってしまう

    ubtoolのデフォルトのネットワークはvirbr0というインターフェースを指すようで(libvirtが自動で生成するインターフェース)、これはNATのようです。

    libvirt: Wiki: Networking

    何がまずいかというと、例えばGitlab試したい!とかDocker試したい!とかで必要なサービスへアクセスさせようとした時に、NAT超えする設定を書く必要があるから。

    ブリッジで出せるといいなあと思ってました。できるのかな?と思ってたのですが出来ましたのでメモ書き。

    --bridgeオプションを使う

    $ uvt-kvm create example-bridge release=trusty --bridge br0 --package avahi-daemon
    

    これはlibvirt側のオプションです。uvtoolはlibvirtのオプションも使えるんですね。

    何も引数を渡さないでuvt-kvm createを使うとuvtoolが定義しているテンプレート(libvirt側に登録させるxml ...

  2. kvm上にWindows 7を入れました(XPからのアップグレード)

    備忘録代わり。
    ライセンスの関係上、XPからWindows 7のアップグレードです。7はクリーンインストールしています。

    (適当な)環境

    • Ubuntu 12.04 server
    • kvm: 多分現時点最新版

    Windows XP -> KVM

    そのまま以下のリンクよりです。ドライバもおいていただいて非常に助かりました :-)

    Linux/KVM/WindowsXP - PukiWiki Plus!

    あ、いい忘れましたが、virt-managerのみを利用しました。

    必要なディスクイメージはサーバー側に適当なフォルダを作りそこへアップしておいて、virt-managerのストレージプールにアップしたフォルダを登録しておきましょう。

    Windows XPのドライバ周りだけ気をつけておけば後は普通にセットアップ出来ました。

    ドライバのイメージディスクはフロッピーにセットします。これも参考に書いてあるのでそのとおりに。

    Windows 7のインストール

    これも以下よりそのままです。

    LIBPF blog Installing Windows 7 as a KVM virtualized guest on Debian 6.0 Squeeze ...

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.sakura.ne.jp)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

Tags

スポンサードリンク