激安だった超小型デスクPCをサーバーにしてみた:HP Elitedesk 800 G1 DM レビュー

久々にPCを購入しました。HPのデスクトップPCです。しかも超小型のやつです。

Twitterを眺めていたら以下の記事に当たりまして。

小型でスペック高めのIBM Refreshed PCが税込39,800円、山積み販売中 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

性能はHaswell世代ながらCore i5で、しかもメモリが16GB搭載されていて4万円程度のお手頃価格!

リファービッシュ版なので、掃除なども問題なくされてそうですし、HPだからそれなりに使い込んでも問題なさそう。(うちのHPのWSやサーバーはまだ壊れてものがないですw)

しばらく販売元のサイトを眺めていたのですが、180台ほどあったのが日を追うごとに20, 30, と数を減らしていったのを見て

いつの間にかポチってました。

ということで、ポチったPCが届いて仮想マシン用のサーバーに仕立てた話です。

外観と中身

届いた箱からして小さいので、手元にあったDVDドライブと比べてみる。開けるとそのまま筐体とACアダプタが入ってました。それ以外は特に付属はありません。また保証はイオシスが提供している3ヶ月分です。

IMAG0598.jpg

筐体とACアダプタ。 ACアダプタが大きいらしいと聞いていましたが、たしかに大きい

IMAG0604.jpg

筐体にもちゃんとIBMのシールがありますね。 ただこのケースに耐えられないのかシールがすぐに剥がれてしまいました。。

IMAG0600.jpg

IBMを信用はしていますが、一応中身を確認しておきました。開け方は→ HP EliteDesk 800 G1 DM - メモリの仕様と増設ルール | HP®カスタマーサポート

IMAG0601.jpg

HDDを取り外すとメモリも見れます。HPのこういうマシンはパーツの交換がしやすいので助かります。

IMAG0602.jpg

ちなみにもと入っていたOSはWin10 Proでテストで使ってみましたが特に問題なく動きました。SSD入れたらまだ現役なマシンとして使えるはずです。

仮想マシンを動かすためには設定が必要

仮想マシンを動かすために、Proxmox VE 5.2 という、Debianベースの仮想マシンサーバーOSをインストールしています。

インストールした当初KVMが立ち上がりませんでした。大抵は仮想化技術を無効化されているからですが、このマシンもデフォルトでは仮想化技術が無効化されていましたのでBIOSを設定する必要があります。

BIOSで確認したのは、この2つです。

セキュアブートはLinuxディストリビューションとの相性を考えて切ります。このマシンはもともと無効化されていたようです。

仮想化技術はKVMを動かす上で必須の機能です。(WinのHyper-Vも)こちらもBIOSで設定します。

後はProxmox VEをインストールするだけです。USBブートも問題なく起動して、後は特に特別な操作も必要なくインストールとOSの設定をして動作させています。

まとめ

まだ導入して数日しか使ってませんが、スペックから見ても個人がいくつかの仮想マシンを動かしたりするには十分なスペックだと思います。いい買い物でした。

IMG_20180710_134837_856.jpg

現在はSynologyのNASの上に乗っけています。振動も殆ど感じず動作も静かですし、かわいいやつですね。

Synology DiskStation DS918+ [クアッドコアCeleron J3455 1.5GHz CPU搭載] 4ベイNASキット CS7062
B075S229J5

ASIN : B075S229J5
Amazonで詳しく見る
Powered by Amazon Quick Affiliate (JP)

Synology DiskStation DS1517+ メインメモリ2GB 5ベイNASキット CS6892 DS1517+(2GB)
B071CRFXCD

ASIN : B071CRFXCD
Amazonで詳しく見る
Powered by Amazon Quick Affiliate (JP)

スポンサードリンク

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク