Articles in the 備忘録 tag

  1. 祖母が年末年始入院していた話

    注意: この記事は医療に関する情報がありますが、著者自身は専門家ではありません。必要であれば専門家へのご相談ください。


    2021年始はじめての更新は年末年始大変だった話です。本業も多忙すぎてアレだったし、他にも色々やってましたが、どちらかというと祖母が入院して色々と大変でした話です。

    あんまり詳しい話はしませんが、経験したことを残しておこうと思います。

    新型コロナ禍の入院は大変しんどい

    入院した理由は体調不良でした。検査や経過を見るために長めの入院となったのですが、まず新型コロナウィルスのこの状況下で入院となったのが結構きつい状況でした。

    去年の12月からですが、その頃はちょうど地元でも新型コロナウィルス感染症の流行が出てしまってる状態で、病院方面のクラスターも出ていたので今回お世話になっていた病院でも緊張感を感じられる体制がとられていました

    (今思うと当然の対応で理解しているつもりですが、個人的には想像以上にしんどかった)

    • 感染対策は当たり前。体調確認、消毒、体温チェック
    • 基本的に面会禁止。友達や親戚はもちろん見舞いできず(お見舞いの食べ物とかお花とかも断り)
    • 家族1日1人十数分程度しかできない: 高齢者入院時にはかなり辛さを感じました。
    • 医療従事者みなさんも流石にしんどそうで、緊張感がある程度感じ取れるので家族側も不安になる

    やはり1日家族1人短時間なのが辛かったです。両親が主に面会にいき、私自身も送り迎えしながら、たまに(許可してもらっていた)ビデオ通話でも話をしていましたが、それでも短い。ゆっくり落ち着いて話をする暇がなく、色々と入院中の様子を確認したり、看護師さんと話をするのでとても忙しい。見舞いに来ているはずなのに逆に祖母へ負担かけちゃってるような気もしました。

    病院内はある意味で安全ではありますが(水際対策は上の通り。入院患者はPCR検査を行います)、入院患者家族の面会は病院としては一番注意しなければいけないはずです。この状況下では致し方がない方法だったと思います。

    医療従事者みなさんは、今も過酷な中で日々取り組まれてます。一般人としても新型コロナ禍の現状を感じられる経験になりました。

    中心静脈栄養 …

  2. 父が急性前立腺炎で緊急入院した時の話

    ※この記事は細かい情報を変えていますが、多くは経験談です。

    まさに寝耳に水だったのでハードでしたが、父が緊急入院してた話です。

    緊急なので、割とダイナミックな時系列的にまとめると

    • 朝方に父が熱で倒れて動けない話を聞いてすぐに救急外来へ
    • 尿が出ないらしいので救急外来で相談して調べてもらうも膀胱が問題ではなさそうの見解
    • となると前立腺?ということですぐに泌尿科へ診察
    • 検査は採尿採血、エコーによる診断
    • 泌尿科の先生より急性前立腺炎とのことで、緊急入院。
    • 抗生物質と点滴を数日行い、落ち着いてきて数日後に退院

    症状としては細菌性の急性前立腺炎で、前立腺に細菌が入って肥大化している状態です。とにかく痛くてたまらないそうです。

    ということで約10日かからないぐらいの入院でしたが、なにせ緊急入院は祖母の件でひさびさだったので、久しぶりにハードな日々を送ってました。

    症状としても、本当に急におきてしまったこと、数日前ではなくて、倒れる前日の夜に熱っぽいとのことで市販の風邪薬を飲んで寝ていたようですが、次の日に意識が朦朧とするぐらい高熱を出していたので流石に驚きました。その後の救急外来では膀胱を調べる時に管を入れたりしたおかげで、その日の半日以上は血尿と痛みで地獄を見ていたようで、その様子を見たり聞いたのもあってゾッとした1日でした。。

    現在父は元気になり、以前と同じ生活をしつつ、検査を受けるなどしています。(なので前立腺の状態自体はまだ様子見だったりします)

    前立腺はやはり高齢の男性は気をつけないといけないものだと教訓になりました。後本人が意識朦朧としてたら躊躇せずに病院や救急を呼ぶもんだなと。

    お話遅れてすみません

    そんな大変な日でしたが、当日開催されていた …

  3. 祖母がペースメーカーを入れることになった話

    今年は色々と耐えることが多かった1年でしたが、11月ほど試練を感じたのは久々だったかな。

    実家には今年で95歳になる祖母がおります。この歳で腰は曲がってしまってますが、歩いたり、お風呂も一人で入る、食事も普通に取れて(特に刺し身とお寿司と最近はハンバーガーとピザが好き)畑仕事をするスーパーウーマンなおばあちゃんでありますが、11月に緊急に心臓ペースメーカーを埋め込む事になりまして、事の巻末を経験談として残しておこうかと。

    あとまあまあエモい話です。年末なのでお許し下さい。

    (退院祝いより遅くなりましたが、11月の金沢旅で買ってきた のどぐろのお寿司 は大変気に入ってくれたようで完食した後に、再度ネットで注文しましたw)

    事の発端

    夏場を過ぎた頃ですが、夏場の疲れもあったのか祖母の食事量が徐々に落ちているような気がしていました。食欲がない以外はそんなに問題無さそうでしたので、一時的かなと思ってたものです。この時はその先にてんやわんやするようなことになるとは思わずにいつものとおりに過ごしてました。

    10月終わりには食事量は半分も行かない時があり、流石に心配になってきたので、大体毎月薬をもらうときにかかりつけ医の先生に相談することにしました。今年(いや数年前でしたっけ?)から後期高齢者は薬をもらう時にはかかりつけ医に診てもらう必要があるようです。

    ただこの辺のタイミングが、今思えば実に良かったと感じています。まさに九死に一生の話です。

    長い1週間

    病院に行こうか家族で相談してたときはまだ薬もあったこともあり、また次の機会でもいいじゃないかという話もありました。祖母も普段はあまり外出したがらないので調子を待ってからという時もありましたが、このときは自分の身を考えてすぐに行く事を決めていたようです。

    出かける時に脚がかなりむくんでいることに母が気が付きまして、その2ヶ月ほど前に検診に行った際には何もなかったので、ここでもだいぶおかしい事に気がつけたのが良かったと思います。(よく考えたら心臓系だと深刻な状況ですね)

    以降は診察を受けてから割りとスピーディな展開で1週間ほどです。

    • 診察を受けた時点ですぐに精密検査が必要な病院に移動。心臓機能が落ちているからと大事を取ってのこと。
    • 移動した病院にて検査を受けた時点で、脈拍が30以下で数日したら止まってしまうようなレベルだったらしい
    • その日に緊急用のペースメーカーを装着する手術を行う
    • 数日後に様子を見て埋込み式のペースメーカーの手術を行う
    • 退院 …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
pythonと小さいガジェット好き
最近は諸事情で家事業が多め

スポンサードリンク