Articles in the 介護 tag

  1. 祖母が年末年始入院していた話

    注意: この記事は医療に関する情報がありますが、著者自身は専門家ではありません。必要であれば専門家へのご相談ください。


    2021年始はじめての更新は年末年始大変だった話です。本業も多忙すぎてアレだったし、他にも色々やってましたが、どちらかというと祖母が入院して色々と大変でした話です。

    あんまり詳しい話はしませんが、経験したことを残しておこうと思います。

    新型コロナ禍の入院は大変しんどい

    入院した理由は体調不良でした。検査や経過を見るために長めの入院となったのですが、まず新型コロナウィルスのこの状況下で入院となったのが結構きつい状況でした。

    去年の12月からですが、その頃はちょうど地元でも新型コロナウィルス感染症の流行が出てしまってる状態で、病院方面のクラスターも出ていたので今回お世話になっていた病院でも緊張感を感じられる体制がとられていました

    (今思うと当然の対応で理解しているつもりですが、個人的には想像以上にしんどかった)

    • 感染対策は当たり前。体調確認、消毒、体温チェック
    • 基本的に面会禁止。友達や親戚はもちろん見舞いできず(お見舞いの食べ物とかお花とかも断り)
    • 家族1日1人十数分程度しかできない: 高齢者入院時にはかなり辛さを感じました。
    • 医療従事者みなさんも流石にしんどそうで、緊張感がある程度感じ取れるので家族側も不安になる

    やはり1日家族1人短時間なのが辛かったです。両親が主に面会にいき、私自身も送り迎えしながら、たまに(許可してもらっていた)ビデオ通話でも話をしていましたが、それでも短い。ゆっくり落ち着いて話をする暇がなく、色々と入院中の様子を確認したり、看護師さんと話をするのでとても忙しい。見舞いに来ているはずなのに逆に祖母へ負担かけちゃってるような気もしました。

    病院内はある意味で安全ではありますが(水際対策は上の通り。入院患者はPCR検査を行います)、入院患者家族の面会は病院としては一番注意しなければいけないはずです。この状況下では致し方がない方法だったと思います。

    医療従事者みなさんは、今も過酷な中で日々取り組まれてます。一般人としても新型コロナ禍の現状を感じられる経験になりました。

    中心静脈栄養 …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
pythonと小さいガジェット好き
最近は諸事情で家事業が多め

スポンサードリンク