Articles in the Unagi.py tag

  1. PyCon JP 2020 チュートリアルに参加しました: 文字起こしのシステムまとめ

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    8/30(日)に開催されたPyCon JP 2020 チュートリアルはお陰様で無事に終了しました。ご参加頂いた皆さん改めてですがありがとうございます。

    この記事では文字起こしシステムを作ってみて、チュートリアル当日に利用してみたまでの様子をお伝えします。

    文字起こしできるようにしたかった理由については準備のときにも書いた通り、UDトークを体験したことがあるのと、Google音声文字変換をつかった事例をみて、似たようなことにトライしてみたくなりました。

  2. PyCon JP 2020チュートリアルに参加しました: 機材編

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    PyCon JP 2020チュートリアルまでに用意した機材のレビューです。人生で滅多にない大舞台に立つこととなったので、機材の調子で悩むことをなくしたくて、できるだけよさそうな物を購入しました。

    機材については準備の様子でも書きました。どんな様子かはこちらの写真で雰囲気伝わるかなと思います。

    USBオーディオインターフェイス

    機材の入出力やハード側での調整としてどうにゅうしました。製品名はScarlett 2i2 G3です。

    オーディオインターフェイスはとにかく手に入りません。Amazonは基本的にマケプレ出店系で価格高騰しているので、専門店での購入をおススメしたいです。

    このScarlett 2i2 G3はOTAIRECODEさんで買いました。

  3. PyCon JP 2020 チュートリアルに参加しました: 当日編

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    この記事は当日の様子の書き残しです。1日がかりという、こんなに長いハンズオンははじめてだったので良い経験になりました。良かったところや反省点を書き残します。

    当日のイベント環境

    チュートリアル当日は以下のような方法で参加者のサポートを行うことになりました。

    • 当日はZoom+YouTube Live(以下TY Live)配信で行う
    • Zoomはサポート優先して受けられる(チャットをメインにする)
    • YT LiveはSlidoでコメントを受け付ける。言及できるかはわからない

    チュートリアル資料を作成していたときに、延々と説明をしゃべりっぱなしにしても自分やTAが疲れてしまうと思っていたので、資料内にしゃべるための情報をすべて盛り込むようにしました。(というのが資料作成の半ばぐらいの想定で、そのあとに色々あって調整する時間をなくしてしまい結局自分が全部話をしてしまいました)

    サポートの話は、PyCon JPスタッフ、データ分析チュートリアル側とリハーサルをしたときに、YT Liveのコメント機能は有効か無効のどちらがいいかの議論になり、結果的に無効となりました。

    それでも、コメント無しにするとTY Live参加の方からフィードバックをする手段がなくなるので、拾える環境をということでSlidoを使うことになりました。

    良かった点

    まずは個人的に良かった点です。

    開始から終了まで資料通りに進められていてよかったと感じました。ただ当初予定していたタイムテーブルではできないことがわかってしまったので、途中で項目を多少省いて対処しました …

  4. PyCon JP 2020 チュートリアルに参加しました: 準備編

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    8/30(日)に開催されたPyCon JP 2020 チュートリアルはお陰様で無事に終了しました。ご参加頂いた皆さん改めてですがありがとうございます。

    オンラインハンズオンで1日まるまる行う話として、自分はもちろん、TA、PyConJPスタッフもはじめての経験だったはずです。オンラインの登壇はまだまだ何をするべきか悩むことが多いので、現在進行の様子を含めて書き残そうと思いました。

    この記事ではチュートリアルの準備の様子です。依頼されてからどうやって準備したかをまとめます。

    機材の用意

    オンライン会議なり登壇するときに、音の重要性はよく感じていました。PyCon mini Shizuokaではそこをに気が付いていなかったのでうまくできなかったこともありましたし、PyCharityでLT登壇したときも、ヘッドセットのマイクが扱いづらくて悩みました。

    Logicool G ゲーミングヘッドセット 有線 G331 2.1ch ステレオ 3.5mm 軽量 ノイズキャンセリング 単一性 フリック式マイク …
  5. Python駿河の5月はSlackbotハンズオンでした

    Python駿河 / Unagi.pyはしばらくオンライン開催で、LTやったりもくもく会をしています。2020年5月の回は少し長めの時間をとってSlackBotハンズオンをやりました。

    Python駿河 勉強会 #13 〜オンラインSlack botハンズオン再び〜 - connpass

    SlackBotネタは去年の10月の台風で急遽オンライン開催となった回があり、今回2度目になります。

    実は去年の再演で済ませようと思っていたのですが、Slackアプリの権限の設定が色々変わっていたのと、利用しているライブラリが扱うAPI(RTM API)より別のAPIの利用が推奨されているようなので、勉強がてら作り直しました。

    資料はこちら

    py-suruga/py-suruga-13-slackbot-handson: Python駿河 #13のSlackbotハンズオンの資料です。(個人アカウント:hrsano645からPython駿河のOrganizationへ移動しました)

    公式のクライアントライブラリ(APIごとに2つ使う)を使うのもチャレンジでした。ちなみに、近々新しいライブラリがベータで出てくる話もあったので、また要チェックですね。

  6. 静岡でPyCon JP 2019の報告会

    9月に無事終えたPyCon JP 2019の報告会を静岡の浜松で行いました。Unagi.pyとPython駿河の合同で開催されました。

    Unagi.py 勉強会21枚目~PyCon JP 2019参加者によるビアバッシュ報告会~ - connpass

    自分は振り返りのレポートと、かなわなかった2日目LTのネタをさらっと流しました。LTは成仏したのでリンクさせませんw

    GitPitch Presents: github/hrsano645/unagipy-21-pyconjp2019-reflection

    Modern Slide Decks for Developers on Linux, OSX, Windows 10. Present offline. Share online. Export to PPTX and PDF.

    他の方も同じく体験レポートでした。小池さんのキーノートの話はだいぶ盛り上がって、裏側の話として参考になりつつ、大変だったこともわかって大役だったんだなと感じました。本当にお疲れ様でした。

  7. Python 駿河結成第一回目に参加/登壇してきました

    FJIMG_20190525_112628.jpg

    IoTLTの翌日に開催されたPython駿河へ参加してきました。こちらは静岡のPythonコミュニティであるUnagi-py(静岡の西部)方面の方が Python Boot Camp in 静岡県藤枝市 を開催された際に結成されたコミュニティです。自分も一応緩めのコアメンバーになってる?かな(追記:一応してもらいました!)

    Python駿河 - connpass

    Python駿河 勉強会 #1 ~Pythonで出来ることプレゼン大会~ - connpass

    Shizuoka.py勢の オーイシ(@oec014)さんさんも参加しました。

    ちょっと前乗りして、Python駿河の関係者皆さんとランチ。やっぱり駿河と言ったら海鮮ということです。

    IMG_20190525_122929_862.jpg

    自分の発表はMicroPythonを使った自分のプロジェクトの紹介です。どこかで見たことがあるようなネタ ですが、スライドにでごめんなさいしているので察してください。

    MicroPython自体はものすごくおもしろいプロジェクトですので、今後も使う方が増えるといいなと思います。そういう意味で、最近流行りのESP32をお持ちの方やMicroPython自体に興味を持っていただけたら嬉しいですね。

    ただここではあまり話をしませんでしたが、MicroPythonのコミュニティがやや不穏なな流れになっていて、使う側としては気をつけてことの流れをみる必要があるっぽいです。この点が残念ですが。

    その他の発表の方もご紹介。スライドは資料が上がっているのでそちらでどうぞ。

    Python駿河 勉強会 #1 ~Pythonで出来ることプレゼン大会~ - 資料一覧 - connpass …

  8. Unagi.py #16 に参加/LTしてきました

    去年はじめて参加してきてから2度目の参加ということで、久々にコアメンバーの方々ともお会いできました。

    Unagi.py 勉強会16枚目~Pythonでアルゴリズムの基本、他~ - connpass

    Unagi.pyのSlackで質問があったやりとりについてのトークもされていまして、その質問の説明をしていた話もお役に立てて一安心でした。

    実は同じ地元の富士市から来られたようで、去年も何人かとお会いしたので富士市在住のエンジニアって結構いるのではと気になります。

    せっかく来たので、最近扱ってた PyAutoGUI 簡単なショートトークをしてきました。実際にこれを使った業務で使っている工程をデモしましたがちょっと分かりづらかったので、機会があったらもう少しがっつりやってみようかと。

    GitPitch Slide Deck - PYAUTOGUIでお手軽業務RPAしてみた

    懇親会はファミレスでしたが、これは日曜日開催や車で来られている方々の配慮とのことでした。ファミレス懇親会も悪くないですね。お酒飲んで離すのも悪くないですが、シラフで込み入った話もできて良かったw

    また少し前に開催された Python Boot Camp 藤枝 にてアナウンスされたようですが、東海地方の枠としてPython駿河を立ち上げされようとしていて、静岡方面での勉強会ももっと開催されても良いのではと話が上がってます。

    →されました(記事公開時に行ってきました。そちらも載せます): Python駿河 勉強会 #1 ~Pythonで出来ることプレゼン大会~ - connpass

    いい感じなのでいっしょに乗っかってやるのも良いかなと感じてるところです(shizuoka.pyちほーの皆さんどうですか?)

  9. Unagi.pyとPython東海の合同勉強会に参加してきました

    Shizuoka.pyが開催された翌月にUnagi.pyに参加してきました。今回はPython東海と合同勉強会とのことで豊橋が開催地でしたのでちょいと遠出でした。

    Unagi.py@豊橋 東海ちほー合同大勉強会 - connpass

    Python東海 第37回勉強会@豊橋 - connpass

    今回は講演,ロングトークセッションでした。きゅうり農家さんの小池(@ike_jpn)さんさんと PyconJPでパッケージングのセッションでおなじみの@aodagさんみうら(@mursts)さんでした。

    aodag/bankaccount

    Python x Google App Engine

    実は自分もぶっつけでLTもしてきました。先月にShizuoka.pyもやりましたよという活動報告のような形でした。

    ちょっと前からTwitterで面識がありましたUnagi.py方面の方々と懇親会でご挨拶も出来まして、行ってよかった勉強会でした。皆様ありがとうございます。

    shizuoka.pyも合同開催良いよねって話もしたもので、来年実現できるよう自分も微力ながら協力できる限りしたいところです。(shiuoka.py方面の皆さんどうでしょう …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
pythonと小さいガジェット好き
最近は諸事情で家事業が多め

スポンサードリンク