Articles in the Python駿河 tag

  1. PyCon JP 2020 チュートリアルに参加しました: 文字起こしのシステムまとめ

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    8/30(日)に開催されたPyCon JP 2020 チュートリアルはお陰様で無事に終了しました。ご参加頂いた皆さん改めてですがありがとうございます。

    この記事では文字起こしシステムを作ってみて、チュートリアル当日に利用してみたまでの様子をお伝えします。

    文字起こしできるようにしたかった理由については準備のときにも書いた通り、UDトークを体験したことがあるのと、Google音声文字変換をつかった事例をみて、似たようなことにトライしてみたくなりました。

  2. PyCon JP 2020チュートリアルに参加しました: 機材編

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    PyCon JP 2020チュートリアルまでに用意した機材のレビューです。人生で滅多にない大舞台に立つこととなったので、機材の調子で悩むことをなくしたくて、できるだけよさそうな物を購入しました。

    機材については準備の様子でも書きました。どんな様子かはこちらの写真で雰囲気伝わるかなと思います。

    USBオーディオインターフェイス

    機材の入出力やハード側での調整としてどうにゅうしました。製品名はScarlett 2i2 G3です。

    オーディオインターフェイスはとにかく手に入りません。Amazonは基本的にマケプレ出店系で価格高騰しているので、専門店での購入をおススメしたいです。

    このScarlett 2i2 G3はOTAIRECODEさんで買いました。

  3. PyCon JP 2020 チュートリアルに参加しました: 当日編

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    この記事は当日の様子の書き残しです。1日がかりという、こんなに長いハンズオンははじめてだったので良い経験になりました。良かったところや反省点を書き残します。

    当日のイベント環境

    チュートリアル当日は以下のような方法で参加者のサポートを行うことになりました。

    • 当日はZoom+YouTube Live(以下TY Live)配信で行う
    • Zoomはサポート優先して受けられる(チャットをメインにする)
    • YT LiveはSlidoでコメントを受け付ける。言及できるかはわからない

    チュートリアル資料を作成していたときに、延々と説明をしゃべりっぱなしにしても自分やTAが疲れてしまうと思っていたので、資料内にしゃべるための情報をすべて盛り込むようにしました。(というのが資料作成の半ばぐらいの想定で、そのあとに色々あって調整する時間をなくしてしまい結局自分が全部話をしてしまいました)

    サポートの話は、PyCon JPスタッフ、データ分析チュートリアル側とリハーサルをしたときに、YT Liveのコメント機能は有効か無効のどちらがいいかの議論になり、結果的に無効となりました。

    それでも、コメント無しにするとTY Live参加の方からフィードバックをする手段がなくなるので、拾える環境をということでSlidoを使うことになりました。

    良かった点

    まずは個人的に良かった点です。

    開始から終了まで資料通りに進められていてよかったと感じました。ただ当初予定していたタイムテーブルではできないことがわかってしまったので、途中で項目を多少省いて対処しました …

  4. PyCon JP 2020 チュートリアルに参加しました: 準備編

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    8/30(日)に開催されたPyCon JP 2020 チュートリアルはお陰様で無事に終了しました。ご参加頂いた皆さん改めてですがありがとうございます。

    オンラインハンズオンで1日まるまる行う話として、自分はもちろん、TA、PyConJPスタッフもはじめての経験だったはずです。オンラインの登壇はまだまだ何をするべきか悩むことが多いので、現在進行の様子を含めて書き残そうと思いました。

    この記事ではチュートリアルの準備の様子です。依頼されてからどうやって準備したかをまとめます。

    機材の用意

    オンライン会議なり登壇するときに、音の重要性はよく感じていました。PyCon mini Shizuokaではそこをに気が付いていなかったのでうまくできなかったこともありましたし、PyCharityでLT登壇したときも、ヘッドセットのマイクが扱いづらくて悩みました。

    Logicool G ゲーミングヘッドセット 有線 G331 2.1ch ステレオ 3.5mm 軽量 ノイズキャンセリング 単一性 フリック式マイク …
  5. PyCon JP 2020 チュートリアルをPython駿河として担当することになりました

    すでに公開されてたり、つぶやいたりしていますが、ブログでも書いておこうかと。

    PyCon JP 2020に向けて、徐々に情報がリリースされてきていますね。カンファレンスのチケットも絶賛販売中です。

    PyCon JP 2020 カンファレンス - connpass

    そんな中、この度PyCon JP 2020 チュートリアルで、1枠をPython駿河/Unagi.pyが担当することになりました🎉

    PyCon JP Blog: 2020年のチュートリアルの募集を開始します!

    connpassのリンクも載せておきます。Zoom参加の抽選枠はすでにオーバーしています。数日で達成されっているので注目度が高いです。

    チュートリアルは2枠あって、もう1枠は はんなりPythonの会 / PyData.Osaka / PyCon mini …

  6. Python駿河の5月はSlackbotハンズオンでした

    Python駿河 / Unagi.pyはしばらくオンライン開催で、LTやったりもくもく会をしています。2020年5月の回は少し長めの時間をとってSlackBotハンズオンをやりました。

    Python駿河 勉強会 #13 〜オンラインSlack botハンズオン再び〜 - connpass

    SlackBotネタは去年の10月の台風で急遽オンライン開催となった回があり、今回2度目になります。

    実は去年の再演で済ませようと思っていたのですが、Slackアプリの権限の設定が色々変わっていたのと、利用しているライブラリが扱うAPI(RTM API)より別のAPIの利用が推奨されているようなので、勉強がてら作り直しました。

    資料はこちら

    py-suruga/py-suruga-13-slackbot-handson: Python駿河 #13のSlackbotハンズオンの資料です。(個人アカウント:hrsano645からPython駿河のOrganizationへ移動しました)

    公式のクライアントライブラリ(APIごとに2つ使う)を使うのもチャレンジでした。ちなみに、近々新しいライブラリがベータで出てくる話もあったので、また要チェックですね。

  7. 台風の中オンライン勉強会をした話:Python駿河 #6 Slackbotを作ろう

    Python駿河6回目のレポートです。

    Python駿河 勉強会 #6 〜Slack Botを作ってみよう【オンライン開催】〜 - connpass

    この回は、Slackbotを作るというはなしで、PyConJPでも発表されている鈴木たかのりさんのSlackbotの作り方をもとに、オリジナルのSlackbotを作ってみんなでハンズオンしようという会のつもりが。。

    Automate the Boring Stuff with Slackbot - PyCon JP 2019

    残念ながら、当日は台風19号がぶつかっていて、当然ながら当日の公共交通はシャットダウンしてしまい、また別の会にするかなと思ってましたが、、

    Python駿河のSlackでどうしよーと話をしていると、オンライン勉強会やってみない?って話になって、いやしかし停電したらそもそも大丈夫?と思いつつ、でも新しい取り組みだしできるだけやってみようと思ってやることになりました。

    ハンズオンの資料はこちらです。

    サンプルコード

    結果的に、都内から参加を予定されてたかたも参加できて有意義な勉強会になりました。

    SlackbotはSlackが使えないと意味がないので、ハンズオン用のチャンネルを用意して、同じAPIのキーを全員で共有してSlack上で扱ってもらうようにしました。(もちろんそのあとに利用したAPIの認証は破棄してます)

    課題いくつか

    難しかったところは全員の進捗把握です。説明を進めつつ、大丈夫ですかと言いながら全員が同じ進捗かを見ていましたが、時間が伸びてしまうのもあって(結局1時間ぐらいオーバーしてたかも)そのバランスが難しかったです。

    リアルのハンズオンでも同じことは起こるので、ハンズオンの進捗と反応を管理できるようなサービスがあるといいなあと思います。eラーニング的なサービスに近いものですかね?

    まとめ …

  8. 静岡でPyCon JP 2019の報告会

    9月に無事終えたPyCon JP 2019の報告会を静岡の浜松で行いました。Unagi.pyとPython駿河の合同で開催されました。

    Unagi.py 勉強会21枚目~PyCon JP 2019参加者によるビアバッシュ報告会~ - connpass

    自分は振り返りのレポートと、かなわなかった2日目LTのネタをさらっと流しました。LTは成仏したのでリンクさせませんw

    GitPitch Presents: github/hrsano645/unagipy-21-pyconjp2019-reflection

    Modern Slide Decks for Developers on Linux, OSX, Windows 10. Present offline. Share online. Export to PPTX and PDF.

    他の方も同じく体験レポートでした。小池さんのキーノートの話はだいぶ盛り上がって、裏側の話として参考になりつつ、大変だったこともわかって大役だったんだなと感じました。本当にお疲れ様でした。

  9. Python駿河 #4 でひたすら教え合う回を開きました

    8月頃に開催されたPython駿河に行ってきました。今回は テーマに困った結果 Python Bootcamp 藤枝でPython初めて触った方向けに困りごとをよってたかって教えようの会でした。

    Python駿河 勉強会 #4 〜Python初心者に寄ってたかって教えよう!〜 - connpass

    とりあえず始めます宣言から、質問をいくつかありました。教えたい勢が結構いたようで質問された方の周りにみんなで集まってあーでもないこーでもないと話し合う姿はまさに寄ってたかるそのものの会でしたw

    色々あったのですが、自分が見に行って覚えている範囲でこんな話がありました。

    Windowsのvenvで動かしてるスクリプトがimport周りで失敗する

    環境変数のPATHがうまく通らなくて苦労していたらしいと話をしていて、頑張ってsys.pathを書いていたのですが面倒そうでした。 寄ってたかってスクリプトを見ていたところ、シェバンの表記があったので、調べてみると、Winでシェバンを書いたときにvenvが呼び出されないっぽい話があったので、消してみたら見事にvenv上で動きました。

    どんなシェバンだったか(このブログを書いてるのが12月なのもあって)忘れてしまったのですが、Winに限らずこの表記をよくおすすめされているので、こちらが良いかも知れないです。

    #! /usr/bin/env python3

    BeautifulSoup4のfind_allで取り出したものから中身のタグをフィルターできない

    BeautifulSoup4のfind_allで取り出した結果で、更に中身のhtmlの構造へアクセスできないとのことでした。find_allのドキュメントを見ると

    Beautiful Soup Documentation — Beautiful Soup 4.4.0 documentation

    find_allで返ってくるオブジェクトはTagオブジェクト(だった?)で …

  10. Python 駿河結成第一回目に参加/登壇してきました

    FJIMG_20190525_112628.jpg

    IoTLTの翌日に開催されたPython駿河へ参加してきました。こちらは静岡のPythonコミュニティであるUnagi-py(静岡の西部)方面の方が Python Boot Camp in 静岡県藤枝市 を開催された際に結成されたコミュニティです。自分も一応緩めのコアメンバーになってる?かな(追記:一応してもらいました!)

    Python駿河 - connpass

    Python駿河 勉強会 #1 ~Pythonで出来ることプレゼン大会~ - connpass

    Shizuoka.py勢の オーイシ(@oec014)さんさんも参加しました。

    ちょっと前乗りして、Python駿河の関係者皆さんとランチ。やっぱり駿河と言ったら海鮮ということです。

    IMG_20190525_122929_862.jpg

    自分の発表はMicroPythonを使った自分のプロジェクトの紹介です。どこかで見たことがあるようなネタ ですが、スライドにでごめんなさいしているので察してください。

    MicroPython自体はものすごくおもしろいプロジェクトですので、今後も使う方が増えるといいなと思います。そういう意味で、最近流行りのESP32をお持ちの方やMicroPython自体に興味を持っていただけたら嬉しいですね。

    ただここではあまり話をしませんでしたが、MicroPythonのコミュニティがやや不穏なな流れになっていて、使う側としては気をつけてことの流れをみる必要があるっぽいです。この点が残念ですが。

    その他の発表の方もご紹介。スライドは資料が上がっているのでそちらでどうぞ。

    Python駿河 勉強会 #1 ~Pythonで出来ることプレゼン大会~ - 資料一覧 - connpass …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
pythonと小さいガジェット好き
最近は諸事情で家事業が多め

スポンサードリンク