Articles in the PyCon JP 2020 tag

  1. PyCon JP 2020 チュートリアルに参加しました: 文字起こしのシステムまとめ

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    8/30(日)に開催されたPyCon JP 2020 チュートリアルはお陰様で無事に終了しました。ご参加頂いた皆さん改めてですがありがとうございます。

    この記事では文字起こしシステムを作ってみて、チュートリアル当日に利用してみたまでの様子をお伝えします。

    文字起こしできるようにしたかった理由については準備のときにも書いた通り、UDトークを体験したことがあるのと、Google音声文字変換をつかった事例をみて、似たようなことにトライしてみたくなりました。

  2. PyCon JP 2020チュートリアルに参加しました: 機材編

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    PyCon JP 2020チュートリアルまでに用意した機材のレビューです。人生で滅多にない大舞台に立つこととなったので、機材の調子で悩むことをなくしたくて、できるだけよさそうな物を購入しました。

    機材については準備の様子でも書きました。どんな様子かはこちらの写真で雰囲気伝わるかなと思います。

    USBオーディオインターフェイス

    機材の入出力やハード側での調整としてどうにゅうしました。製品名はScarlett 2i2 G3です。

    オーディオインターフェイスはとにかく手に入りません。Amazonは基本的にマケプレ出店系で価格高騰しているので、専門店での購入をおススメしたいです。

    このScarlett 2i2 G3はOTAIRECODEさんで買いました。

  3. PyCon JP 2020 チュートリアルに参加しました: 当日編

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    この記事は当日の様子の書き残しです。1日がかりという、こんなに長いハンズオンははじめてだったので良い経験になりました。良かったところや反省点を書き残します。

    当日のイベント環境

    チュートリアル当日は以下のような方法で参加者のサポートを行うことになりました。

    • 当日はZoom+YouTube Live(以下TY Live)配信で行う
    • Zoomはサポート優先して受けられる(チャットをメインにする)
    • YT LiveはSlidoでコメントを受け付ける。言及できるかはわからない

    チュートリアル資料を作成していたときに、延々と説明をしゃべりっぱなしにしても自分やTAが疲れてしまうと思っていたので、資料内にしゃべるための情報をすべて盛り込むようにしました。(というのが資料作成の半ばぐらいの想定で、そのあとに色々あって調整する時間をなくしてしまい結局自分が全部話をしてしまいました)

    サポートの話は、PyCon JPスタッフ、データ分析チュートリアル側とリハーサルをしたときに、YT Liveのコメント機能は有効か無効のどちらがいいかの議論になり、結果的に無効となりました。

    それでも、コメント無しにするとTY Live参加の方からフィードバックをする手段がなくなるので、拾える環境をということでSlidoを使うことになりました。

    良かった点

    まずは個人的に良かった点です。

    開始から終了まで資料通りに進められていてよかったと感じました。ただ当初予定していたタイムテーブルではできないことがわかってしまったので、途中で項目を多少省いて対処しました …

  4. PyCon JP 2020 チュートリアルに参加しました: 準備編

    この記事はPyCon JP 2020 Tutorialの準備から当日の様子をお伝えします。準備から当日までいくつかの記事にしました。

    8/30(日)に開催されたPyCon JP 2020 チュートリアルはお陰様で無事に終了しました。ご参加頂いた皆さん改めてですがありがとうございます。

    オンラインハンズオンで1日まるまる行う話として、自分はもちろん、TA、PyConJPスタッフもはじめての経験だったはずです。オンラインの登壇はまだまだ何をするべきか悩むことが多いので、現在進行の様子を含めて書き残そうと思いました。

    この記事ではチュートリアルの準備の様子です。依頼されてからどうやって準備したかをまとめます。

    機材の用意

    オンライン会議なり登壇するときに、音の重要性はよく感じていました。PyCon mini Shizuokaではそこをに気が付いていなかったのでうまくできなかったこともありましたし、PyCharityでLT登壇したときも、ヘッドセットのマイクが扱いづらくて悩みました。

    Logicool G ゲーミングヘッドセット 有線 G331 2.1ch ステレオ 3.5mm 軽量 ノイズキャンセリング 単一性 フリック式マイク …
  5. PyCon JP 2020に参加してきました

    8/28,29に開催されたPyCon JP 2020へ参加してきました。とても良い二日間になりました。

    PyCon JP 2020

    COVID19の影響もあり今回はオンラインカンファレンスになりましたが、オンラインならではの良さや、課題感も感じました。

    良かったこと

    オンラインだったから良かったという点は色々あります

    この状況だからこそ聴けたキーノート

    まず地域に縛られないスピーカーが参加できる点です。Day2キーノートのリッチさんがその例で、本来だとアメリカから日本へいかなければいけないわけですが、今回はそれを行う必要がないです。 キーノートのQ&Aではアメリカは深夜なので寝る前まで質問答えるよというのが、別の地域で別の時間軸なんだなと改めて感じました。

    リッチさんのキーノートは、どなたにも一度見ていただきたいものです。こういう世の中になってしまったことで気が付くことと、テック系の我々は何ができるのかを考えるきっかけになります。自分もシビックテック方面に関わったときにも感じたことでした。

    COVID19の影響はまだ半年過ぎたぐらい状況にもかかわらず一変している世界が異常とみる(戦うべき)のか、新しい価値観と見るべきなのか(慣れるべきなのか)、考え方はそれぞれかも知れないし、どちらでもあり得るわけです。

    見てきたセッション

    セッションもいい意味でレベル高く感じました。このあたりはレビューの取り組みが素晴らしかったと思います。レビューシステムもこのイベントのために作られていたようで。

    それはDay1のnikkieさんさんのセッションで様子が見れると思います。

    実は外部レビュアーで参加していましたが、いつ作ってるんあろうと思うぐらい作りこまれてまして、モチベーションの高さがあってこそだなと感じました。

    自分がみたセッションはこちらです。

  6. PyCon JP 2020 チュートリアルをPython駿河として担当することになりました

    すでに公開されてたり、つぶやいたりしていますが、ブログでも書いておこうかと。

    PyCon JP 2020に向けて、徐々に情報がリリースされてきていますね。カンファレンスのチケットも絶賛販売中です。

    PyCon JP 2020 カンファレンス - connpass

    そんな中、この度PyCon JP 2020 チュートリアルで、1枠をPython駿河/Unagi.pyが担当することになりました🎉

    PyCon JP Blog: 2020年のチュートリアルの募集を開始します!

    connpassのリンクも載せておきます。Zoom参加の抽選枠はすでにオーバーしています。数日で達成されっているので注目度が高いです。

    チュートリアルは2枠あって、もう1枠は はんなりPythonの会 / PyData.Osaka / PyCon mini …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
pythonと小さいガジェット好き
最近は諸事情で家事業が多め

スポンサードリンク