Articles in the XR tag

  1. NianticのARイベントへ行ってきました

    ポケモンGoをやったり、xRに興味があってOculusGoを買ったり情報を追っていたのですが、Nianticが研究開発されている技術を一般向けに見れるようにしたARイベントが10/21に開催されたので行ってきました。

    所用で浜松にいたので浜松から地元を素通りして東京に行くエクストリームな1日でしたが楽しんできました。

    AR Playground with Niantic

    次世代ポケモンGO・Ingressを体感するイベント『AR Playground with Niantic』、六本木ヒルズで開催 - Engadget 日本版

    • ポケモンGoのVRでジムを見る展示: 音声でポケモンを探すイベントは混みすぎて断念でした。こちらも体験したかったのですが、友達とか家族でやると楽しそうでした。
    • ingressのMRでポータルが見れるシステム: Hololensのキャリブレーションが少しうまくいかなくて苦労したけど、普段スマホで見るようなものをMRデバイスで見れるのは未来があと一歩来ているような感覚。

    MR系のシステムデモを見ているとやはりHololens欲しいし、MR,ARは後もう少しで当たり前に使ってる技術になっていると実感できました。

    (そのあとingress primeのUIを見たら、MRで観たインターフェイスがprimeに近かったので、お披露目にも近かったっぽいですね。Primeで復帰勢になろうかな)

    Ingress Primeへようこそ - Niantic …

  2. Unite Tokyo 2018に参加してきました #unitetokyo

    Unite Tokyo 2018に参加してきました

    5月の頭に開催されていたUnite Tokyo 2018に行ってきました。本業が3Dを扱うデータが多いのと、VR(AR,MR)あたりをそろそろ触ってみたかったのと、Unityってどのぐらい利用されているのか知りたかったのでいいタイミングでした。

    旅行記的な感じでまとめておきます。

    基調カンファレンス

    今年からよく見られるようになってきたVTuber界隈から、キズナアイさんがビデオで登場していましたが、、、

    Unity=ゲームエンジン,他業種でも使われている程度の知識で、よくわかってない人間からするとそんな事もできるんだの話ばかりでした。 プロトタイピング的にゲーム内のエリアを作れるProBuilderというツール, エフェクトをGUIかつパイプライン処理で作れるShader Graph, 終盤に紹介されたVR上でゲームデザインもできてしまうCarte Blancheがとても興味深くて楽しそうでした。

    「Unite Tokyo 2018」基調講演からUnityの未来を垣間見る - GAME Watch

    あとUnity Editorの日本語版は新規参入者からすると嬉しい半面、Twitterを眺めてるとググラビリティが減るのではとの懸念もみました。

    見たセッション …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク