Articles in the Python category

  1. Python3.4のLoggingモジュールでログメッセージの文字列フォーマットをstr.formatメソッドの書式指定文字列を使う方法

    タイトル長くてすみません。タイトル通りで使い方をただメモしたかっただけです。

    # これはダメ
    >>> logging.basicConfig(format="[str.format ver] :{} / {}".format(levelname, message))
    
    NameError Traceback (most recent call last)
    <ipython-input-15-6b4e7d3e1ac2> in <module>()
    ----> 1 loghandle=logging.basicConfig(format="str.format log :{} / {}".format(levelname, message))
    NameError: name 'levelname' is not defined
    # まあそうだよね・・・
    
    # これで出来ました
    >>> logging.basicConfig(format="[str.format ver] :{levelname} - {message}", style="{")
    >>> logging …
  2. pyside-uic でpyファイルを作るときは、リダイレクトではなく"-o"オプションを使う

    要約

    windows(多分他のプラットフォームでも)でpyside-uicを使うときは

    以下はダメで

    pyside-uic mainwindow.ui > mainiwndow.py
    

    以下を使うこと

    pyside-uic -o mainiwndow.py mainwindow.ui
    

    要約だけで終わるのもあれなので

    事のいきさつ

    内製ツールのGUIツールキットをWxWidgetなwxpythonからQtなPySideに切り替えてます。

    ようやく環境と基礎的なことがわかってきたので、GUIデザイナー機能が入ってるQt Creator 2.8を使ってデザインしていました。 (PySideはQt4系の対応になっているので、Qt5に対応しているQt Creator 3.0でなくても良いかなと考えて、一つ古い2.8を使ってます)

    PySide側でこのデザインしたファイル(uiファイル)を使うときは、pyside-uicを使います。 で、具体的にはこういうふうにコマンドを打ってました。

    pyside-uic mainwindow.ui > mainiwndow.py …
  3. pythonで、辞書をまとめたリストをソートする、重複排除(制限あり)

    例えばpythonでこういうデータを使う時に(例のセンスが無いのはご了承を)

    [python]
    data = [{"summary":u"insert testdata1","date":{"created":u"2012-01-01"}},
    {"summary":u"insert testdata2","date":{"created":u"2012-01-02"}},
    {"summary":u"insert testdata3","date":{"created":u"2012-01-03"}},
    {"summary":u"insert testdata1","date":{"created":u"2012-01-01"}},
    {"summary":u"insert testdata2","date":{"created":u"2012-01-02"}},
    {"summary":u"insert testdata2","date":{"created …

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク