スポンサードリンク

エレコムのトラックボール最新機種を買ってみました「エレコム M-XT2DBPRBK」

エレコム トラックボールマウス/親指/5ボタン/チルト機能/無線ブラック M-XT2DRBK
B0172H0G3O

ASIN : B0172H0G3O
Amazonで詳しく見る
Powered by Amazon Quick Affiliate (JP)

トラックボールといえば、数年前まではロジクールM570が鉄板と言われていた(親指型はケンジントンですかね?)のですが、最近エレコムが出したトラックボールが新しい希望になりつつあります。

最初に出した製品は、M570よりボタンが増えてチルトスクロールができるとのことで、買って見る人が多かったようです。致命的な弱点(後述しますがボールの精度の問題)が、精度の改善を歌っているので気になってみて購入してみました。予備で買うというのもあります。 :)

開封と製品の様子

この製品は前回同様、外装が開く仕様でこんなふうになります。

特徴が惜しみなく書かれているので、自信作なんでしょう。実際に良い物なので(ボールの精度以外は)プッシュしてトラックボールユーザーを増やして欲しいですよね。

付属品全てです。日本製品によくある枚数多い紙類は1米になり、ドライバのCDはもはや付属していません。

本体上面です。ホイールの手前にLEDランプがあります。ボールは以前と同じく黒ですね。

側面です。ボタン3, 4と呼ばれるスイッチが押しやすくなったらしいですが、自分は初期のM-XT1DRのほうが好きでした。

M-XT1DRとくらべていました。鉄板改造の青球を入れています。(詳細は後述) 大きさは全く変わらないのですが、ホイールの角度は変わったかな?写真の取り方でゆがんでしまってるかも

M570とくらべてみました。こう見ると大きさはやはりM570が大きいです。高さは若干M570のほうが低いので、この辺の好みはわかれると思います。

ボールの支持球が大きくなったらしいです。最初がM-XT1DRDRで次がM-XT2DRです。 初期は白くて小さいのですが、最新は黒くて大きめになってます。結果ごみがたまりづらくなりました。

使ってみて

大きさについてですが、M570で調度良いと思っている方には少し小さいと思います。自分はM570は大きいと感じていたのでピッタリの大きさでした。

握りやすいデザインで、親指がちょうどボールの位置に来るので余分な力を使わずに操作できます。

チルトスクロールやDPIスイッチ類も期待通りの動きをしてくれます。チルトスクロールはMac OS Xではそのままでは利用できません。BetterTouchToolを導入しているのでこういった設定して利用しています。

BetterTouchTool, BTT Remote, BetterSnapTool and more – Great Tools For Your Mac By Andreas Hegenberg

(BetterTouchToolは最近になって、無償ではなく任意の金額を設定して支払う有償ライセンスになりました。最低金額は為替レートにもよりますが353円からです。)

M-XT1DRの時と比べてみると、製品付属のボールでもそれなりに精度よく動かせるようになりました。他のボタン類も若干音が静かになったかな?

とは言え、細かい移動をするとなめらかに動かせないことはまだあります。定番改造であるロジクールM570のトラックボールの球、通称青球を使うと満足行く滑らかさになりました。

ボール交換の改造はM570を所有している人(もしくは修理部品として手に入れる)出ないと難しいのですが、価値は十分にあります。と言うかエレコムさんはこのボールを仕入れてくれるかロジクールに交渉してほしいぐらいです。Twitterでも叫んでましたが。

それ以外は特に困ることもないのですが、ボールの精度が一番大事な部分なだけに、改善は見られたのですが、あと一歩がほしいところです。でも予備も買うんですけどね ^^;

エレコム トラックボールマウス/親指/5ボタン/チルト機能/無線ブラック M-XT2DRBK
B0172H0G3O

ASIN : B0172H0G3O
Amazonで詳しく見る
Powered by Amazon Quick Affiliate (JP)

スポンサードリンク

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.info)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク