スポンサードリンク

ボディバッグをメッセンジャーバッグ風に魔改造してみた

久々に変なことをやってました。既存のボディバッグのベルト(ストラップ)を交換してみました。交換と言っても簡単に取り替えれるものではなかったので実質改造です。既存のものを壊してるので魔改造ですね。

改造元はこれです。購入してから形や素材が気に入っていてよく使っていましたが、ベルトの調整機能が脆弱で自転車に乗っている時によく伸びてしまって困りました。また背負ってる状態で調整するのが難しいものでした。

[イシュタル] ISHUTAL ケーテンボディ IKT-4704 TB (ターコイズブルー)
B00AYP77OI

ASIN : B00AYP77OI
Amazonで詳しく見る
Powered by Amazon Quick Affiliate (JP)

これのベルト部分をメッセンジャーバッグみたいに、ベルトの調整が楽になるようにしてみました。

改造前

これを、メッセンジャーバッグみたいな構造にしてみます。こんな感じです。(Youtubeの動画を参考にしました)

これを実現するためにいろいろと材料を仕入れました。参考にネットで購入できるリンクを載せておきます。ストラップを修理するような器具で、東急ハンズやアウトドアショップにあります。

改造の様子

まずは分解します。バラした金属のパーツ(ナスカンとアジャスター)類も後で使うのでとっておきます。

上で紹介したパーツとベルトです。

元のボディバッグのベルトは少し残しておきます。すべてのベルトを取り除くのは難しいので流用しました。まずは片側のベルトに差しこみバックルのメスを取り付けます。

胸から腰側のベルト部分は、買ってきたナイロンベルトとプラのパーツ, もともとあったナスカンをこのような形にしています。

腰側のナスカンはプラのアジャスターを入れて調整可能にしてみました。胸側の差し込みバックルのオスをつけました。外れないようにベルトの端を折りたたんでミシンで縫っています。

片側に戻って、元にあったボディバッグのベルトの端の処理をします。こちらも折りたたんで縫いたかったのですが、記事が硬すぎて普通のミシンでは通せませんでした。なのでまつり縫い(でしたっけ?)で処理しました。白なので少し目立ちますが普段は隠れているので気にしない ^^;

最後に片側にショルダーパットをつけて、全体を組み付ければ完成。

改造後

片側にクロスストラップできるようなベルトも付けてみました。こちらも適当に余ってたバッグから取り除いたベルトをつけてみました。

使ってみてますが、楽にベルトの調整ができる用になったので自転車にのるときによく使えるようになりました。専用のバッグを買うのも良かったのですが、気に入っていたボディバッグでしたのでまた使えるようになるのは嬉しいものです。

最後に蛇足ですが、家にあるミシンで処理してた時に下糸が毎回詰まって困りました。年代物のミシンなのでそろそろ良いミシンがほしいですね。。何か良い物あるかな?

スポンサードリンク

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.sakura.ne.jp)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク