スポンサードリンク

mdadmを使ったRAID1のディスクを解除して普通のディスクとして使う

Ubuntu 14.04 にてmdドライバー(mdadm)を使って作成したRAID1ディスクを解除して普通のディスクにするまでの履歴です。完璧にメモ書きです。

mdadmを使ってRAIDの構成を解除

参考: カラスはデスクに似ているか? » md RAID deviceの削除

利用している環境からアンマウントする, fstabに書いてある場合は削除しておこう

$ sudo umount /dev/md0

mdデバイスをストップ

$ sudo mdadm --misc --stop /dev/md0

ディスクのスーパーブロックを削除。数秒かかるはず。

$ sudo mdadm --misc --zero-superblock /dev/sd**
# *はそれぞれ必要な文字や数字

cat /proc/mdstat/ でmdデバイスの解除を確認

/etc/mdadm/mdadm.confの内容を消す もしくはmdadm —detail —scanの内容で上書きする

ばらしたディスクの中身を空にして普通のディスクにする

普通のディスク=ext4のパーティションをディスクの容量分1つ作る。

パーティションをいじる場合はデバイスの位置に注意です。ディスクデバイス一覧はparted --listpartedを実行しインタラクティブモード上でprint allprint listを実行すると一覧が見れます。

作業するときparted /dev/sd*/ の指定でpartedを動かすか、partedに入ったあとにselect /dev/sd*/ で選択するかが必要。

参考は

だいたいこのエントリーを参考にしたとおりです。パーティションテーブルは2TB以上はgptで、それ以下はmsdos(GPTでもいいかな?)になると思います。

なおpartedではext4のフォーマットができないらしいです。なのでやる場合はmkfsを使ってフォーマットのようです(mkfs.ext4

スポンサードリンク

About Me

実家の自動車プレス金型設計業(sano-design.sakura.ne.jp)に所属。
また東海大学石井研究室(ishiilab.net)でたまにお手伝いしてます。
サイト制作/python/Ubuntu 作ったり扱います。 小さいガジェットがとっても好き。
最近は諸事情で家事業が多めです。

スポンサードリンク